« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

M108&M97

M108970801270xxl1lrgb1tr2web 1月27日(日)に撮った、おおぐま座のM108&M97ペアです。当日は月夜にはもったいないほどの透明度で、気流もまあまあ安定していました。10時過ぎに下弦付近の月が上がってくるのでそれまでに、ある程度ものに出来るだけの画像を得ようと、早めに撮影を開始しました。撮り始めの高度は30度ぐらいで、結構無謀なのですが、やっぱり透明度が重要ですね。FWHMは1.5ぐらいでした。中心部の2010×1530Pixelをトリミングしてみました。M97は惑星状星雲にしては結構淡いので、通常RGB3コマで行くのですが、4コマづつ撮ってみました。M108比較的地味ですが、良くみると結構カラフルでかわいいですね。

M108&M97 ε200 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×12 RGB:10min×4 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

コーン星雲からハッブル変光星雲付近

Ngc22616408012600xh2_filteredwebなかなかすっきり晴れない日が続きますが、昨日は遅くなってなんとか南東方向の雲が取れてくれました。まだ月も大きいので、以前から撮りたいと思っていた、コーン星雲からハッブル変光星雲付近をHαで狙ってみました。久々の子午線越えの撮影で、望遠鏡の向きが逆向きになるので、キャリブやり直して、ちょっと硬くなったケーブルとバランスが心配でしたが、まあまあのガイドをしてくれました。透明度はまあまあでしたが、シンチレーションが悪くて、FWHMは時々1.5が出る程度で2.0近くまで変動していました。時折通過する雲に阻まれて、10分12コマ撮る予定が8コマで中断、結局使えたのは6コマだけでした。まあ、撮影できただけでも良しといったところです。今までコーン星雲から北側ばかり撮って来ましたが、下側の領域もなかなか面白い構造をしていますね。ハッブル変光星雲もその程度写るか心配でしたが、結構写つるものですね。

NGC2264-2261 ε200 IMG6303E Astrodon Hα 6nm 10min×6 EM4 00mount Autoguider:ST-402ME Gui de 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

Photoshop Astronomy来ました!

Psas注文してあったPhotoshopAstronomyが到着しました。某雑誌で最優秀取られた比嘉さんが紹介してくださった本です。英語版なのでちょっと苦しいですが、比較的図や写真が多いのでそれを見ていれば、十分参考になりそうな感じで安心しました。さっそくみていたら、あっという間に意識が無くなり、気づいたら2時間ほど経っていました。寝つきにも最高ですね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

M95&M96

M959608011600xc1lrgb1tr21web_2 16日の水曜日LDN1622の後に撮ったM95とM96のペアです。両銀河とも似た感じですが、棒渦巻き銀河のM95が気に入りました。長焦点で迫ってみたい対象ですね。M105近辺も入れようか迷ったのですが、画角的に苦しく、何を撮ったのか分らなくなりそうだったので、M95、96を中心に撮って、2200×1600にトリミングしました。RGB撮り出した最初のころは低空で透明度いまいちだったのでRGBの質が悪くて苦労しました。案の錠Bの乗りが悪いのですが、L画像追加した後半には高度も高くなって、透明度が上がってきたのでまあまあ解像してくれたと思っています。

M95&M96 ε200 IMG6303E Astrodon CRGB C:10min×6 RGB:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

LDN1622 - The Dancing Dolphin Nebula

Ldn1622080116002_filteredp2web 昨日はは久々に晴れたので、透明度はいまいちでしたが、なんとか撮影してみました。月も上弦近く明るくなってきちゃっているので、HαでバーナードループのLDN1622を撮影してみました。日本語の愛称はシャークと聞いていたのですが、 Dancing Dolphin Nebulaという愛称を見つけて、結構良い線をいっているなーと思い、採用しました(笑)。
撮影してみると、結構難物で10分では殆ど写ってこず、20分でやっと確認できる程度でかなりてこづりました。意外と赤成分乏しい感じなので、LPS-V3あたりのセミナローで狙った方が、正解かもしれません。
FWHM1.4程度でしたので最近のシンチレーションの悪さの中ではまあまあでした。

LDN1622 ε200 IMG6303E Astrodon Hα 20min×8 EM4 00mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90Ldn1622080116002_filteredp2web90

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

雲フラットフィールド処理

Photo 昨日は昼間とても良い天気で晴れると思ったのですが、曇っちゃいました。今日もダメそうですね。そこで、懸案だった 雲フラットを撮ってみました。
1mm厚のアクリル板でディフーザーを作ったのですが、昨日は強風で吹っ飛んじゃうので、ディフーザーなしでやってみました。
まづはフォーカス合わせてから、東の空60度位を向けて赤道儀を停止、後は撮影するだけです。
取り敢えず1分でL:12コマ、RGB:1分6コマづつ撮影してみました。
なんとか、まともっぽいフラットフレームが出来上がりました。下側が雲フラットですが、予想通り東側が若干明るくなっています。結果は撮影画像で処理してみて、光害カブリがすっきりしてくれればメデタシメデタSkyflatシですが、さて・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

M1 かに星雲

M1080109lrgb1web メジャーで、家から撮れそうなものは撮りつくした感があるのと、しばらく800mmでやっていたので、クローズアップが撮りたいナーということで、光軸調整後お休みしていたVISACとBJ-41Lを引っ張り出してみました。ちょっと風邪をひいてしまって、鼻グシュ状態だったので軽めのテストということで、M1を狙ってみました。この倍ぐらい露出をかければ良い感じになりそうですが、取り敢えず良しとします。EM200に載せたのですが赤径側のガイドエラーがちょっと気になったので、少しステラのカスタムフィルターで修正しています。ガイドはオフアキシスで2×2ビニングでやったのですが、3×3の方が良さそうです。ピントはVISACも補正レンズが入っているので、Gフィルターで見てみましたがまあまあですね。

M1 VISAC+AC2 f 1500mm F7.5 LPS-P1 IDAS TYPEⅢ LRGB L:5min×6 R:5min×6 GB:5min×3 EM200mount Off-axis UNIT4 Autoguider:ST-402ME

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

NGC2683 やまねこ座の銀河

Ngc268308010600xl1lrgb1trweb90一昨日撮ったやまねこ座の銀河NGC2683です。当日は透明度今ひとつでしたが、シンチレーションまあまあでした。うーん、結構構造の面白い銀河ですが、焦点距離800mmではちょっときびしいですね。中心部を1500×1000PIXELでトリミングしていますが、いまいち構造がはっきりしませんね。頼んである25cmRC用に長焦点は我慢しているのですが、VISACに切り替えちゃおうか思案中です(笑)。 北が右側にしてあります。

NGC2683 ε200 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×9 RGB:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

NGC2112付近のバーナードループ

Ngc2112_08010500xlr1lrgb1web正月は実家に行っていて、良い天気にもかかわらず撮影できませんでしたが、新年になって初の撮影がなんとか出来ました。本年もよろしくいお願いします!
昨日は透明度も悪く、時折雲の通過もあって、きびしい条件でしたが、後半になって透明度も上がってきたので、なんとかイメージに近い画像を得ることが出来ました。シンチレーションは結構良くGフィルターでFWHM1.2ぐらいまで出ていました。NGC2112はバーナードループ内の散開星団なんですが、気分はバーナードループのハイライト部がメインで、散開星団が花を添えるイメージです。左上に少し見えているのはLDN1622というちょっと変わった星雲も写ってきています。

NGC2112付近 ε200 IMG6303E LPS-V3+Astrodon LRGB L:10min×5 R:10min×6 G:10min×4 B:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »