« Photoshop Astronomy来ました! | トップページ | M108&M97 »

2008年1月27日 (日)

コーン星雲からハッブル変光星雲付近

Ngc22616408012600xh2_filteredwebなかなかすっきり晴れない日が続きますが、昨日は遅くなってなんとか南東方向の雲が取れてくれました。まだ月も大きいので、以前から撮りたいと思っていた、コーン星雲からハッブル変光星雲付近をHαで狙ってみました。久々の子午線越えの撮影で、望遠鏡の向きが逆向きになるので、キャリブやり直して、ちょっと硬くなったケーブルとバランスが心配でしたが、まあまあのガイドをしてくれました。透明度はまあまあでしたが、シンチレーションが悪くて、FWHMは時々1.5が出る程度で2.0近くまで変動していました。時折通過する雲に阻まれて、10分12コマ撮る予定が8コマで中断、結局使えたのは6コマだけでした。まあ、撮影できただけでも良しといったところです。今までコーン星雲から北側ばかり撮って来ましたが、下側の領域もなかなか面白い構造をしていますね。ハッブル変光星雲もその程度写るか心配でしたが、結構写つるものですね。

NGC2264-2261 ε200 IMG6303E Astrodon Hα 6nm 10min×6 EM4 00mount Autoguider:ST-402ME Gui de 

|

« Photoshop Astronomy来ました! | トップページ | M108&M97 »

散光(輝線)星雲」カテゴリの記事

コメント

 エリーさんこんばんは。
イプシロン、6303、Hα6nmの組み合わせは無敵ですね。ご自分では短時間露光になり不本意のようですが、この画像を見る限りでは充分素晴しいです。
ここまで素晴しく写っていると、今まで見たことがないので、不気味な感じにも思えます。この構図は新鮮に見え、エリーさんのセンスの良さが伝わってきます。
子午線を超えて、どうしても望遠鏡の向きを変えた時は、Reverse X をチェックすれば正常にガイドしてくれますよ。いちいちキャリブレーションする必要がなくなります。一度試してみてください。

投稿: 星天龍 | 2008年1月27日 (日) 20時20分

星天龍さん、ありがとうございます。予定通り撮れると良かったのですが、まあ、天気に関しては仕方ないですね。
画像に関しては、元画像は結構ノイジーなので、いろいろ試していますが、NeatImageを軽くかけて、PsのアクションツールでSpaceNoiseReductuionを軽く、さらにDeepSpaceNoiseReduction をかけていくと案外べったりせずにスムーズになる感じです。NeatとPSのアルゴリズムが違うから、相乗効果が見込める感じです。

キャリブのReverseですか。多分MaximDLだときっとPier Flipですね。何かいまいち恐い気がして、キャリブしなおしていました。星天龍さんが、それでうまく行っているのならば、今度やってみようかしら。うまく行けば、今までピラーにぶつかる寸前で、終了していた撮影が、気軽に反転できるようになりますね。
ありがとうございます。

投稿: エリー | 2008年1月27日 (日) 21時37分

反転はOkですよー。
最近は僕もセルフガイドではないので、ガイド星に不自由はしないので、結局、キャリブし直すのですが、セルフの時はST4相当の小さいチップではなかなかね~。

投稿: uto | 2008年1月28日 (月) 12時15分

先日は友と観測所見学させていただきありがとうございました。
いろいろ参考になりましたが実現はなかなかむつかしいですね。

投稿: naoki | 2008年1月29日 (火) 00時16分

UTOさんありがとうございます。
BJ-40Cでガイドしていたときには、キャリブだけで、5分位かかっていました。なにをやっていたのかしら?(笑)Maximはそんなにかからないのですが、チェック一つでokならば有り難いですね。

投稿: エリー | 2008年1月29日 (火) 12時38分

naokiさんありがとうございました。
また、いつでもどうぞ!でも、暗い空を満喫してしまっていると、強い動機が生まれませんよね。まあ、対象によって選択できるのが理想的な気がします。

投稿: エリー | 2008年1月29日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/17861147

この記事へのトラックバック一覧です: コーン星雲からハッブル変光星雲付近:

« Photoshop Astronomy来ました! | トップページ | M108&M97 »