« 再び オリオン大星雲 | トップページ | NGC2683 やまねこ座の銀河 »

2008年1月 6日 (日)

NGC2112付近のバーナードループ

Ngc2112_08010500xlr1lrgb1web正月は実家に行っていて、良い天気にもかかわらず撮影できませんでしたが、新年になって初の撮影がなんとか出来ました。本年もよろしくいお願いします!
昨日は透明度も悪く、時折雲の通過もあって、きびしい条件でしたが、後半になって透明度も上がってきたので、なんとかイメージに近い画像を得ることが出来ました。シンチレーションは結構良くGフィルターでFWHM1.2ぐらいまで出ていました。NGC2112はバーナードループ内の散開星団なんですが、気分はバーナードループのハイライト部がメインで、散開星団が花を添えるイメージです。左上に少し見えているのはLDN1622というちょっと変わった星雲も写ってきています。

NGC2112付近 ε200 IMG6303E LPS-V3+Astrodon LRGB L:10min×5 R:10min×6 G:10min×4 B:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

|

« 再び オリオン大星雲 | トップページ | NGC2683 やまねこ座の銀河 »

超新星残骸」カテゴリの記事

コメント

 赤い色彩がピンクでなく、赤~オレンジ色は目に優しくて良い感ですね。この画像のように、全面がバーナードループ内だと、色彩にムラ(傾斜)が出て敬遠したくなる領域を違和感なく処理されていますね。気になるのは、左上の暗黒部が入っていると良いなと思います。銀塩写真では、まるで”サメがバーナードを泳いでいる”ように見えます。僕は単に”シャーク”と呼んでいます。
 この領域は僕もRGB画像までは撮影しています。FSQなのでもっと広い画角で、M78からその暗黒部がすっぽり入るように撮影しましたが、トラブル、つまずきが大きく、僕の中ではボツになってしまいました。この所頑張りすぎて、ちょっと休息状態です。来年頑張って再挑戦する予定です。

投稿: 星天龍 | 2008年1月 6日 (日) 20時50分

星天龍さんありがとうございます。色はPSではもうちょと派手目だったのですが、ステラでソフトビニングしたら、プロファイルが変わったようで、少し控えめになりました。こちらの方が好みだったので、そのまま採用しちゃいました(笑)。
なるほど、シャークですか、うまいことを言うものだと関心してしまいました。私はこの領域初めて撮るので、あれー、何か写ってるぞーと調べたら、LDN1622というのが出てきて、しまったーてな具合です・・・
http://www.galaxyimages.com/LDN1622.html
にててますね。これSTL11KにAstrodon6nmのHαですねー。良く写っているけど、20分9コマの割にはバックの荒れが目立つようにおもいますが、いかがでしょうか?

投稿: エリー | 2008年1月 6日 (日) 21時11分

>こちらの方が好みだったので
 そんな事もあるんですね。最近のフォトコンは派手目が多いのですが、僕は星はシャープで、色調は柔らかく控えめが好きです。

 LDN1622画像を見ると、Hαだとこんな風に、こんなに写るんだとビックリします。バックは荒れていないように見えます。多分、バックグラウンドなどのぼかしをかけているか?、かけていなくてもウエブ画像は50以下の暗部は、結構滑らかに見えちゃうと思います。むしろ、100前後が荒れているように見えます。折角良く写っているので、僕ならこんな処理はしませんね。dでも、お見事です。

投稿: 星天龍 | 2008年1月 6日 (日) 22時20分

バラ色がとてもきれいですね。
天体にはいろんな色がありますが、私は赤系が好きですよ。
まるでオーロラのようにも見えますね。
星はやっぱりいいなぁと思います。
今日も素敵な写真をありがとうございました。


投稿: ゆず | 2008年1月 7日 (月) 10時36分

先日撮影されていた領域ですね。
あの状況下でみごとに物にされてますねー。
FWHM=1.2というのも凄いですね。追い込んでるなぁ・・。自分はだいたい1.4~1.6程度で良としていますが、もう少し追い込みが足りないか・・。

StellaImageでは、プロファイルはWindows準拠のsRGBになる(確認しました)ので、PhotoShopなどでAdobeRGBで扱ったファイルを処理すると色味が変わるかもしれません(こっちは未確認)

左上のシャークですが青い星雲もあるんですね。
なかなか面白そうな領域。僕も小面積CCDながら、狙ってみようかしら。

投稿: uto | 2008年1月 7日 (月) 12時09分

ゆずさんありがとうございます。オーロラですか、確かにそんな雰囲気有りますね。初めて撮りましたが、とても淡いのでどんな雰囲気になるか心配でしたが、なんとか見られるようになりました。冬はいろいろ水素ガスの赤い星雲多いので、気に入っていただけてうれしいです。

投稿: エリー | 2008年1月 7日 (月) 12時37分

UTOさんありがとうございます。確かにもう少し透明度良い日にチャレンジしたい領域ですが、贅沢言っていられませんね。後半結構透明度上がってきたので、赤道儀ぶつかる直前まで頑張ってみました。来年はシャークをバッチリ入れて、撮りたいです。

FWHM1.2はめったに出ませんが、LPS-V3のせいもあるかも知れません。でも、このあたりが限界で、欲張るとハマリます(笑)。

シャーク面白そうですよね、UTOさんのところから狙えますか?ピラーの下にブロック置いたりして、少し高さを稼ぐと少し違うかも・・・でも危ないか・・・

投稿: エリー | 2008年1月 7日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/17597453

この記事へのトラックバック一覧です: NGC2112付近のバーナードループ:

« 再び オリオン大星雲 | トップページ | NGC2683 やまねこ座の銀河 »