« NGC4038&4039 アンテナ銀河 | トップページ | 土星 »

2008年2月17日 (日)

M65,M66&NGC3628 しし座トリオ 

M6566ngc362808021lrgb1trweb2月の10日から12日に撮って、そのままになっていた、しし座トリオM65,M66 & NGC3628を処理してみました。 10日はL:3コマとR:2コマとB:1コマで曇られたので、大半は12日に撮ったのですが、データーもったいないので使用してみました(笑)。ちょっとRGBデーターが不揃いですが、ステライメージのオートカラーバランスは賢くヒストグラムをそろえてくれるので助かります。飽きもせずに毎年撮っていますが、NGC3628が意外と淡くて苦戦するのですが、今年はまあまあ暗黒帯と淡い腕の部分も写ってくれました。

M65,M66&NGC3628 ε200 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×9 R:10min×5 G:10min×3 B:10min×4 EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:SKY90

|

« NGC4038&4039 アンテナ銀河 | トップページ | 土星 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

3つの銀河の色合いがちゃんと出ていていいですねー。
M65を見ると切れ味もなかなか・・・。
時間があるときにNGC3628の超淡い部分もぜひ狙ってみて下さい。

http://www.rc-astro.com/photo/id1021.html

左上にうっすら伸びてるでしょ?
国内での撮像例は皆無だと思います。

投稿: uto | 2008年2月18日 (月) 20時16分

 こんばんはエリーさん。
おやおや!今回闇夜はアンテナ銀河で終わりかな?と思いましたが・・・。エリーさんの打出の小槌は高性能ですね。おまけに出てくる作品も高性能ですね。
最近のエリーさんの作品は、じっくり時間をかけた作品ですので、みなが粒揃えばかりです。
やはり、この解像感、写りの良さは反射望遠鏡でないと出ませんね。所詮10~13センチ屈折では太刀打ち出来ないと確信しています。
特に系外銀河は反射の独壇場で、大口径、長焦点でシャープなRCですよね。
僕もRCが欲しい!以前も言いましたね。

投稿: 星天龍 | 2008年2月18日 (月) 23時04分

UTOさんありがとうございます。
今回、色が良い感じで出てくれたので、結構気にいっています。いつも一番暗いNGC3628がネックで消化不良となるのですが、透明度も結構よかったので、淡い腕の部分も描写できました。
Russel Croman相変わらず凄いですねー!こんな立体感のあるクローズアップ、究極の夢ですね。右上の淡い部分、生データーで見るとちょっとあるかしら、って程度で写っているとは言いがたいですね。1枚15~20分でいかないと物に出来そうに有りません。

投稿: エリー | 2008年2月18日 (月) 23時33分

星天龍さんありがとうございます。
撮影は銀河しかないので、アンテナで終わりだったのですが、これは日を分けての撮影で、処理が若干面倒なので、後回しにしていました。昔からコンスタントに平均点取るのは得意でした(笑)その代わり突出もしないのですが・・・
FSQとTOAですから、解像力は下手な大口径反射よりも上なのでは・・・アンテナも小さい画像からはっきりしませんが、CCDピクセルの限界に限りなく近いような雰囲気の解像感と思いました。
長焦点ではさすがに口径が要ると思いますので、反射ですよね。星天龍さんもRC行っちゃいませんか?

投稿: エリー | 2008年2月19日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/40157472

この記事へのトラックバック一覧です: M65,M66&NGC3628 しし座トリオ :

« NGC4038&4039 アンテナ銀河 | トップページ | 土星 »