« NGC3718&NGC3729 | トップページ | コーン星雲からハッブル変光星雲付近 HαRGB »

2008年2月 2日 (土)

NGC3718&NGC3729再処理

Ngc371808013100xcrgb1lrgb1trweb_2 少し色目が気に入らなかったのと、結構淡い銀河の割には、パソコントラブルでL画像が足りなかったのを補うために、もう少し処理をしてみました。
①L画像不足を補うために、比較的質の良かったRGB画像をL画像に足し込んだ。(RGB画像をグレースケール化して、L画像とコンポジット、このときレベル調整した値を使うをチェック)
②ちょっと青に偏りすぎていた色を、微調整

ですが、少し改善された気がします。星の色ノリも若干良い感じがします。L画像不足でノイジーな時RGBビニングなしで撮っていれば、RGBをL画像に加算することも有りかナーと思いました。

|

« NGC3718&NGC3729 | トップページ | コーン星雲からハッブル変光星雲付近 HαRGB »

銀河」カテゴリの記事

コメント

小宇宙や銀河、解像度よく写りますね
RCが待ちどうしいですね

私は相変わらず月惑星から足が洗えません
また、月面が写したくてカメラ買ちゃいました

投稿: ミュー | 2008年2月 3日 (日) 13時52分

ミューさんありがとうございます。
いやー、40D早かったですねー。迷わずゲットですか!凄い月面でてきそうで、楽しみです。撮ったらぜひみせてくださいねー。

NGC3718は今まで写ったことのない周囲を取り囲む淡い腕まで写ってくれたので、喜んでいます。

RC250は3月ごろといわれています。F7ですから、ε200より暗いのですが、5センチアップと補正レンズのない純RCの解像力・・・期待は膨らみますが、さてどうなることやら・・・


投稿: エリー | 2008年2月 3日 (日) 15時47分

レベル調整した値を使う、だと、S/Nは悪い方に引っ張られるかも・・です。
できれば、L,R,G,B各画像を生データのまま(ダークフラット、シェーディングは処理しますけど)素直に加算してしまうのがデータの上では最善ですが、処理が一からやり直しになるので面倒かも・・。

投稿: uto | 2008年2月 4日 (月) 12時14分

色味は前回のと今回のとの中間くらいがいいかもですね。
この星雲は青いので(恐らく相互作用でスターバーストを引き起こされて若い星が多い)、今度のはちょっと色を抜きすぎている感じがします。
特に左の銀河の色味が全くないのが、ちょっと・・。
NGC3718側は暗黒帯の色彩は上手く出ていていいですね。

投稿: uto | 2008年2月 4日 (月) 12時16分

UTOさんありがとうございます。
なるほど、LRGB生データーで足しこんだ方がいいですかねー。RGBデーターもコンポジットしたものがあるので、ためしにやってみます。
レベル調整した値は結構輝度値が違うので、着けたほうが良いかと思ったのですが、確かに質の悪いほうに引っ張られると損ですね。
色はむづかしいですねー。ついでにこちらも再検討してみます。
ありがとうございました。

投稿: エリー | 2008年2月 4日 (月) 16時38分

レベル調整した値~を使うと、元の輝度情報を排して、表示レベルで合わせてしまうので、
今回のケースでは恐らく画質がいいL画像と、悪いRGBグレースケール画像とを見た目のままで加算平均していることになりますので、損してると思います。

色合いは、個人的にはなるべく豊富な色合いがあった方が好きなので (^^;
左上の銀河の中心の黄色もトンでるのがちょっとなぁと思ったんですよ。
銀河の色合いはもともと無いに等しいので、この写真の方が自然に見えるという見方もできますよね。
最終的には好みでいいのですが、銀河の色を出す場合はシビアーですから、一応、オリジナルの色を大切にしつつ、星雲の成り立ちも考えて処理するといいかなと思います。
この銀河はスターバースト銀河だから、青味が強い、真性の不規則銀河だから若い星が多く青い、老齢の銀河なので、赤みが強い、銀河面に近いから、散乱されて黄色い、反射星雲なら、ここの赤味が強いのは塵が濃くなっている部分だから、茶色いので赤の彩度は上げすぎない、とか。
そういった星雲の生い立ちの知識を持って処理していくのも楽しいかもです。

投稿: uto | 2008年2月 4日 (月) 17時46分

私は系外の処理が不得手なんですが、そこで質問です。
この画像に関しては系外本体の色についてはステライメージだけの処理でしょうか?それともフォトショップでいろいろ色の味付けをされたのでしょうか?
というのも私の場合DDP済みのRGB合成では系外そのものの色があまりよくないので。

投稿: naoki | 2008年2月 5日 (火) 01時38分

naokiさんありがとうございます。
銀河の色ってむづかしいですよね。私もいつも迷っています。(笑)もう少し勉強して、UTOさんがアドバイスくてくれた様に、銀河の性質を判った上で、おかしなところは修正できると、より味わい深いものになりそうですね。
この銀河の色に関しては、ステライメージで決めています。オートレベル補正→DDP→マトリックス色彩強調でRとBを少し強調です。フォトショップも当然使っていますが、彩度をほんの少し上げたぐらいです。主に背景の処理とノイズ除去です。

投稿: エリー | 2008年2月 5日 (火) 13時45分

エリーさん、こちらにははじめて書き込み致します。
今までずっと隠れていてすみませんでしたm(_ _)m
影からちょこちょこ見ていた私が悪いです。
なぜならそれは…エリーさんのあまりの活躍振りが悔しかったから…。

星天龍さんはいつもエリーさんのことを絶賛されていますよ!
私もそのエッセンスをもっと身につけたいものですが、やれカラマネだ何やと危ない方向へ進みつつある今日この頃であります。

具体的に今後、エリーさんにはマキシムDLのソフト扱いについてご質問等したく思っております。教えて頂けますか?
あのソフトは悪い噂を聞かないばかりではなく、クオリティに影響を及ぼす部分における大変優秀な基本性能を備えていると聞きます。

今はご存知プロフェッショナルカメラがアメリカで入院中で待ちとなっていますが、本格稼動しましたら是非とも、小ネタから奥義までを伝授頂けたら幸いです。


それと、今月の天文ガイド・星ナビ両誌入選、おめでとうございます!!

いや~、毎月の入選、ただ指を加えて見ているばかりです。悔しいですよ。いい意味でね^^

機種は違えど、今後は私もmikさんのおかげにより冷却CCDの仲間入り。
エリーさんとの交流を楽しみにしておりますので、宜しくご指導お願い致します。

投稿: よっちゃん | 2008年2月 6日 (水) 01時51分

よっちゃんありがとうございます。見て頂けていて、うれしく思います。よっちゃんのブログの内容の濃さに比べると、見るべくもないですが、作例を示すことで、せっかく撮ったので「少しでも多くの方に見ていただきたい」のと撮影条件をきちんと示したりすることで、「これから撮影・処理しようというときに、参考にしていただければ」という気持ちで、やっています。忙しいとはおもいますが、コメントいただけるとうれしいです。

星天龍さんは技術・センスともすばらしいと思い、目標に頑張っています!ブログ作るように勧めて頂き、いつもコメントしていただけて、ありがたく思っています。まあ、天体撮影も基本的には個人プレーなので、いろんなチャンネル通じて、交流しつつ楽しくやっていきましょう!

STL11KCMも楽しみですね。よっちゃんが使ったらすごいのが出てきそうで、楽しみなような、怖いような・・・(笑)。MaximDL/CCDをつかう予定ですか。私も撮影と処理はコンポジットまではMaximでやっています。丁度1年になりますが、安定性と機能はすばらしいソフトと思います。わかることはすべてお教えしますので、遠慮なくご連絡ください。

星ナビ・天ガ入選できてラッキーでした。
よっちゃんも、星ナビM78入選おめでとうございます。
私は、下手な鉄砲も数撃ちゃ当るで、相変わらず玉数で勝負しておりますが・・・でも今回はどちらも、幾つか送ったうち自分の一番の気に入った写真でなかったので、ちょっと複雑な気分ですが、やっぱり入選できるとうれしいですね。
これからもよろしくお願いします!

投稿: エリー | 2008年2月 6日 (水) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/17932467

この記事へのトラックバック一覧です: NGC3718&NGC3729再処理:

« NGC3718&NGC3729 | トップページ | コーン星雲からハッブル変光星雲付近 HαRGB »