« NGC3718&NGC3729再処理 | トップページ | M81, M82 & NGC3077 »

2008年2月 6日 (水)

コーン星雲からハッブル変光星雲付近 HαRGB

Ngc226164_080131_hargb5_filteredweb 1月27日にアップした「コーン星雲からハッブル変光星雲付近」にRGB画像を撮り足して、HαRGB合成してみました。1月31日に撮影していたのですが、処理に難航してなかなかアップできませんでした。かなり淡い部分を出しているため、コーン星雲とのバランスがむづかしいです。
処理はHα画像とR画像を足したものをL画像とし、Hα+RをRとしてLRGB合成してみたものです。単純に(Hα+R)GBでも、結構いけるかと思いましたが、L画像をHα+RでLRGB合成の方がコントラストが着きやすいようだったので、この処理にしてみました。赤い星雲なのでHα画像を足しこむことで構造が良くわかって面白いです。LPS-V3の方が慣れているのでやりやすいですが、いろいろ試してみるのも良いですね。

NGC2264-2261 ε200 IMG6303E Astrodon Hα 6nm 10min×6 Astrodon RGB:10min×5 (Hα+R)Hα+RGB EM4 00mount Autoguider:ST-402ME Ngc226164080131hargb1rgb_filtered_3

|

« NGC3718&NGC3729再処理 | トップページ | M81, M82 & NGC3077 »

散光(輝線)星雲」カテゴリの記事

コメント

そういえば、普通にRGB合成した画像ってどんな感じでしょうか?
個人宛でも良いので後で見せて下さいm(_ _)m

投稿: uto | 2008年2月 7日 (木) 16時48分

こんな感じでした。リクエストにお応えして画像追加してみました(笑)。途中でLRGBにしちゃったのでRGBは完成していなかったのですが、もう少しちゃんと処理してみました。
色はこちらの方が良いかしら・・・

投稿: エリー | 2008年2月 7日 (木) 20時47分

ごめん、言い方が悪かったです・・。
Hαを混ぜないRGBがどのくらいの写りなのか見たいなーと思ったんです (^^;

投稿: uto | 2008年2月 7日 (木) 23時56分

あれ、そういう意味でしたか。失礼しました。
こんどメールしますね。

投稿: エリー | 2008年2月 8日 (金) 00時42分

 こんばんはエリーさん。
今月発売の天ガ、星ナビのダブル入選おめでとうございます。
今日2月9日は凄い天気になり、こちらは10センチ位の雪が積もりました。そちら湖西はどうですか?。僕は寒いのは苦手で大嫌いですので、早く春が来ないかな?と・・・。
作品についてですが、僕はモノクロTPフィルムをやっていましたので、Hα画像のみのが好きです。もっともHαにRGBの色を付けるのは、階調差があり、どうしても不自然になりやすいのですが、違和感なく処理されているのはさすがです。
・・・あくまでも僕個人の好みですから、気にされないで下さい。

投稿: 星天龍 | 2008年2月 9日 (土) 22時57分

星天龍さん、ありがとうございます。
そちら大雪でしたか、大変でしたね。でも、朝起きたらあたり真っ白って、結構うれしかったりしますが、程度の問題ですよね。こちらは、雨で積雪ゼロでした。近くの山の頂が白くなっていた程度です。

天ガ・星ナビ入選できてラッキーでした。天ガは他にバラ星雲とIC417を送ったのですが、まさかM81,82にくるとは・・・、リベンジで撮りなおしちゃいました。取り敢えず、今月星ナビに送ってみようかしら。星ナビも11月に送ったのが、年末の号に間に合わなかったようで、月遅れとなってしまいました。多分12月に送った分はお流れとなってしまいそうです。うーんて感じです。

私も、Hαはモノクロの方が圧倒的に好きです。光害地で唯一ストレス無く取れる撮影でもあるし・・・まあ、いろいろやってみると面白いので、試しにやってみました。UTOさんに教えてもらったのですが、Hα+RをR信号にすると、星の色と星雲の違和感がなくなります。当然、星雲のS/NはRに引っ張られて若干落ちる気がしますが・・・混合比を検討して、うまくやれば良いとこどりでやれるのかしら。

投稿: エリー | 2008年2月10日 (日) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/40018046

この記事へのトラックバック一覧です: コーン星雲からハッブル変光星雲付近 HαRGB:

« NGC3718&NGC3729再処理 | トップページ | M81, M82 & NGC3077 »