« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月23日 (日)

土星

Saturn080322lsalrw1lrgb_filtered1本日撮った土星です。満月で薄雲もかかった状態で、良い情況ではありませんでしたが、シンチレーションはまあまあ良好でした。こういう透明度が悪い情況ではやはり高感度というのはありがたいです。ToUcamでは光量不足でとてもこうはいかなかったと思います。
LRGBともIDASのTYPEⅢで0.1秒2×2ビニングで100コマづつ撮影、ステライメージ5で評価値の高い80コマづつを画像の重心でコンポジット、L画像、RGB画像とも画像復元・ウォブレット変換後LRGB合成してみました。

μ210+PJ18 TCA4 合成F40 BJ-41L LRGB:0.1sec×80/100 2×2ビニング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

M98,M99&M100 かみのけ座の銀河

M98991000803100xxl1lrgb1web11  一昨日(3月10日)撮ったM98, M99 &M100です。しし座境界部付近の かみのけ座の領域です。撮ってみると、単体でも十分楽しめる個性豊かな銀河が集まっていて、なかなか良い眺めです。ε200でM98 99を撮ろうかとも考えたのですが、Holmes &NGC1499撮る為にSKY90に切り替えてあるので、M100も加えてトリオでいってみました。透明度はいまいちでしたが、シンチレーションまあまあで、MaximのFWHMは1.2ぐらい出ていました。天頂過ぎのカメラがピラーに当る寸前まで頑張ったお陰でまあまあのS/Nになってくれました。

M98080310web

M99080310web_2 M100080310web

 

M98 M99 & M100 SKY90+Reducer IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×11 RGB:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:ε200

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ホームズ彗星とカリフォルニア星雲

Ngc1499_horms_08030700xl1lrgb1_filt一昨日撮ったホームズ彗星とカリフォルニア星雲です。10月23日に大バーストを起して肉眼彗星になったホームズ彗星ですが、5ヶ月近く経った今も健在です!現在は3天文単位の彼方に行っているのですが、この視直径ですから、まさに化け物的な彗星ですね。同好会の友人からおもしろいよーって言われて、撮ってみましたが、SKY90+フラットナーレデューサーつけた407mmの焦点距離で丁度良い感じの画角になりました。動きが遅い天体なので恒星とカリフォリニアをきっちりガイドして、写した方が絵になりそうなので、通常の恒星ガイドとしました。この時期の透明度では9時半が限度なのでRGB10分づつ3コマなんとかゲットでしました。

17P/Holmes & NGC1499 SKY90+Reducer IMG6303E Astrodon RGB:10min×3  EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:ε200

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

NGC5033 & NGC5005 りょうけん座の銀河

Ngc5033_5005_08030500xc1lrgb3web  春の銀河三昧ということで、りょうけん座の銀河NGC5033 & NGC5005です。昨日は新月近いし、黄砂も無くとってもいい透明度だったので、ちょっとしたトラブルでお疲れモードでしたが、撮影してみました。左下の大きい銀河がNGC5033です。淡いですが、大きく広がった腕がなかなか見ごたえあります。右上の銀河がNGC5005ですが、小さいですが比較的明るく、強く巻いた腕の構造がおもしろい銀河ですね。両銀河の輝度に差があるので、処理はなかなかむづかしいですね。
撮影の方はNGC5033の淡い腕を意識してCLEARフィルターでいってみました。上の輝星空のブルーミングが腕の一部にかかってしまいヒヤッとしましたが、ABFの効果はすばらしいです!殆ど分からなくなってくれました。
Ngc5033_08030500xc1lrgb3tr_web_2
NGC5033&NGC5005 ε200 IMG6303E Astrodon CRGB Clear:10分×9 RGB:10min×3  EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:SKY90

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

NGC4631&NGC4656 りょうけん座の銀河

Ngc463146560803010xxc31lrgb2web昨日撮った、りょうけん座のペアNGC4631 &NGC4656です。どちらの銀河にも判銀河を持っていて、少し歪んだ特長的な形が面白いですね。NGC4631はクジラとかニシン銀河と様ばれているようですが、NGC4656のほうは、さしずめ「メザシ」でしょうか(笑)。昨日は同好会のメンバーお二方が家に来てくださって、いっしょに撮影できたので、とても楽しく、有意義な撮影となりました。昨日は、透明度は今ひとつで、時折強い風が吹いていましたが、幸い雲の通過は全く無く、安定して4時間がっちり撮影させてもらいました。FWHMは天頂付近の画像の中心部で1.2とか出ていたので、とても期待していたのですが、解像度はもう一つでした。でも、今まで撮った中では、最もよかったのでよしとします。また、チャレンジしたい領域ですね。

Ngc463146560803010xxc31lrgb2trweb
NGC4631&4656 ε200 IMG6303E Astrodon CRGB Clear:10分×12 RGB:10min×4  EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:SKY90

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »