« ホームズ彗星とカリフォルニア星雲 | トップページ | 土星 »

2008年3月12日 (水)

M98,M99&M100 かみのけ座の銀河

M98991000803100xxl1lrgb1web11  一昨日(3月10日)撮ったM98, M99 &M100です。しし座境界部付近の かみのけ座の領域です。撮ってみると、単体でも十分楽しめる個性豊かな銀河が集まっていて、なかなか良い眺めです。ε200でM98 99を撮ろうかとも考えたのですが、Holmes &NGC1499撮る為にSKY90に切り替えてあるので、M100も加えてトリオでいってみました。透明度はいまいちでしたが、シンチレーションまあまあで、MaximのFWHMは1.2ぐらい出ていました。天頂過ぎのカメラがピラーに当る寸前まで頑張ったお陰でまあまあのS/Nになってくれました。

M98080310web

M99080310web_2 M100080310web

 

M98 M99 & M100 SKY90+Reducer IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×11 RGB:10min×3 EM400mount Autoguider:ST-402ME GuideScope:ε200

|

« ホームズ彗星とカリフォルニア星雲 | トップページ | 土星 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

うーん、カラーがイマイチです。
緑が弱いかな、、マゼンタが強いです。

LPS-P2は入れてないんですよねー・・・。
先のホームズといい、なんかLPSを入れた感じの色合いになってる感じです。
ホームズ彗星は、僕もLPS入れると青味が強くなってしまったことがありました。

投稿: uto | 2008年3月13日 (木) 12時21分

UTOさんありがとうございます。
透明度いまいちだとやっぱりカラーがきびしいです。やや低空から撮り出しているから尚更でですね。RGBももう少し撮り足せば良かったのですが、時間的にきびしくなちゃいました。
LPSは入れていませんが、なかなか色具合はむづかしいですね。NGC5033&5005がやや黄色っぽくなちゃったので、やや青みを意識したのもありますが・・・

投稿: エリー | 2008年3月13日 (木) 15時35分

んー、岡野さん推奨のLRLBやってみたらどうでしょか?
Gの変わりにLを使います。
Lは赤外透過がセオリーですが、この作品の場合、HⅡ領域が無いので、IRC入りでも可であります。

投稿: uto | 2008年3月13日 (木) 18時24分

ちなみに、連続光の被写体では、
BとRの情報があれば、その中間のGに当たる情報は、物理量の連続という観点から、
BとRの平均とすることができます。
つまり、2色でフルカラー画像を得ることができます。
ここに、情報の信頼性の強化という観点から、純粋に撮影したGフィルタの画像を加えると、
これは、R+G+Bにあたり、Lに相当します。
これがLRLBの正当性になります。

但し、このR+G+Bという方法では、
自分が以前に試した2色分解と同様に
http://www.net-tsc.co.jp/~enshu/uto/sakugo/TwoColor/TwoColor.htm
HⅡ領域の再現性が悪くなります。

しかし、もし、赤外透過でのL画像だった場合、HⅡ領域の情報は銀河の星々の連続光に埋もれやすいという点がミソで、HⅡ領域も無事、正常な色彩で再現できるようになります。
撮影した画像全てを余すところ無く有効利用しつつ、情報の真と虚偽を巧みに利用する手法・・
それがLRLBなのです。

投稿: uto | 2008年3月13日 (木) 18時33分

UTOさんありがとうございます。
LRLB合成ですか。なるほど、面白そうですね。以前、天ガで岡野さんの記事に有りましたね。CCDママさんは最近LRLB合成専門ですね。確か、RはR64で撮られていたような・・・そうしないとR信号が埋もれやすいのかしら。
ちょっと、試してみましたが、今回L画像IRCで撮ってしまっているので、R信号が埋もれがちになるのはありますが、かなり滑らかなRGB画像が得られそうです。ちょっと星の色が合わないところが出るのがきびしいですが、丁寧にレベル合わせればなんとかなるかもです。

投稿: エリー | 2008年3月13日 (木) 19時59分

あれ?星の色合わなくなりますか。
実はボクはLRLBはやったことないんですが、
恒星ではRBの2色分解でRGBと全く差違がない色再現性を確認していたので、ちょっと意外。
CCDママさんは首都圏の光害の中での撮影ですから、LRLBは必須みたいですね。
R64でHⅡ領域を強化しているのも流石ですよね。
巧みに特徴を活かしているなーと感心します。

投稿: uto | 2008年3月13日 (木) 22時52分

 こんばんはエリーさん。
僕もこの領域撮影して、このところエリーさんと一緒になってしまいますね。
僕のはもっと広角で、M85まで入れているので、小さすぎ迫力ありません。本当はFSQ直焦で、エリーさんの作品と同じ位の写野で撮影する予定でしたが、欲張ったのが裏目となってしまいました。
今回の作品はブルーが強いですね。バック色もブルーに偏っていますので、フォトショップなどでニュートラルに近いご自分なりの基準を作っておくと楽に処理できますよ。

投稿先はこだわっていませんので、どちらへ投稿されるかお知らせ下さい。宜しくお願いします。

投稿: 星天龍 | 2008年3月13日 (木) 23時06分

星天龍さん、ありがとうございます。
あれ、また同じ領域でしたか。気があいますねー。(笑)見せていただくのを楽しみにしています。まあ、このあたりは、迫力というよりも、銀河団の一部ですから、そえぞれの銀河の表情の変化を楽しめる作品になれば良いですよね。
色は青過ぎてゴメンナサイ。5033が黄色っぽくなっちゃったので、黄色味を嫌ったからですね、きっと・・・
うんと感覚的にやっているのが良くないと思いますので、星天龍さんのおっしゃるように、良さそうなところで数値的に基準を
設定してみることにします。とりあえず、広角の画像だけ貸し換えてみました。
ありがとうございました。

投稿: エリー | 2008年3月14日 (金) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/40469961

この記事へのトラックバック一覧です: M98,M99&M100 かみのけ座の銀河:

« ホームズ彗星とカリフォルニア星雲 | トップページ | 土星 »