« M16 わし星雲 | トップページ | 三日月星雲 NGC6888 »

2008年6月15日 (日)

M17 オメガ星雲

M17_08061300x1lrgb1_web
先日撮った、いて座の散光星雲M17(オメガ星雲)です。この星雲は白鳥星雲とも呼ばれますが、確かに中心部のハイライト部分は逆さですが、白鳥のようにも見えますね。

この時期はなかなか晴れる日が少ないのでストレスたまりますが、当日は透明度はいまいちでしたが、シンチレーションままずまずで、撮影できてラッキーでした。

FFR250+KENKO MC No.1のゴーストをぼかす目的で、LPS-P2を後に入れてみましたが、結構うまくいってくれ、RGB画像の処理がやりやすくなりました。星像は中間部のアスが残存している複雑な像ですが、しばらくは我慢して撮影していかざるを得ません。田中光科学さんに、専用補正レンズをお願いしましたので、星像はそちらに期待です。早く来ないかなー(笑)

FFR250+KENKO MC No.1+LPS-P2 f1650 F6.6 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×6 RGB:10min×3 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.

|

« M16 わし星雲 | トップページ | 三日月星雲 NGC6888 »

散光(輝線)星雲」カテゴリの記事

コメント

星雲の立体感が素晴らしいですねー。
この焦点距離でこの画角が取れるのはいいなぁ、、。

専用補正レンズ、楽しみですねー。

投稿: uto | 2008年6月17日 (火) 10時08分

UTOさんありがとうございます。オフアキは直焦点F7.5でガイドしているので、4×4のビニングにしたらシンチレーションに振られずに、落ち着いてくれました。天頂付近は3×3低空は4×4を標準にガイドしてみようと思っています。UTOさんも、そろそろラージフォーマットいちゃいましょう!(笑)

>専用補正レンズ、楽しみですねー。
はい、でも正確な光軸が前程ですので、ちょっとプレッシャーです。田中さんにももう少し追い込めと命ぜられております(笑)

投稿: エリー | 2008年6月17日 (火) 13時13分

ラージかぁ、、悩んじゃうなぁ。
デジ亀は安いが自宅からでは厳しい。
かと言って冷却CCDは期待していたA8300は出てこない・・。
当面の課題はいろいろとあるので、考えるのは来年以降かなぁ、、。
・・といいつつ、例の激安フィルタ、φ50mmも発注してるんですよねー(^^;
一応、少しづつ準備は始めています。

まあ、今年はガイドを中心に下積み、ですねー。

DSIProがなんとか使えそうですので、遠征用のシンプルシステムの構築と、同時に自宅用の長焦点撮影環境の再構築が課題です。

投稿: uto | 2008年6月17日 (火) 19時43分

 こんばんはエリーさん。
色調は新鮮な感じで無理なく表現していて、ハイライトは飽和を上手く表現して、処理が素晴しいです。また、光害カットフィルターでこんなに違うのは驚きです。
さすが、大口径長焦点+ラージフォーマットは解像感ありますね。短焦点+スモールフォーマットでは、とても表現できません。(当たり前ですが・・・
自分自身、あまり上ばかり見ないようにと思っていますが、エリーさんの画像を見ちゃうと、欲望が出てきて悩ましい限りです。

投稿: 星天龍 | 2008年6月19日 (木) 22時50分

>・・といいつつ、例の激安フィルタ、φ50mm?も発注してるんですよねー(^^;
一応、少しづつ準備は始めています。

UTOさん、ラージも撮影はいろいろ大変な部分ありますが、プリントするといいですよー。と、少しそそのかしてみたりして・・・(笑)

投稿: エリー | 2008年6月20日 (金) 00時03分

星天龍さん、ありがとうございます。色調は難しいですね。多分ハイライト部分は0Ⅲもそれなりにあるだろうと思い、赤一辺倒にならないようにちょっと意識して処理してみました。

短焦点は暗い空でのデジカメにかなわないと思うのと、個人的にはクローズアップも好きなのでしばらくこの路線でいってみようと思います。歩留まりが悪いのが困りますが・・・
星天龍さんも長焦点やりましょうよ!結構狙える対象増えるし、面白いですよ。

投稿: エリー | 2008年6月20日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/41534853

この記事へのトラックバック一覧です: M17 オメガ星雲:

« M16 わし星雲 | トップページ | 三日月星雲 NGC6888 »