« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

NGC7635 バブル星雲

Sao1_filtered1web昨日撮影した、バブル星雲(NGC7635)のSAO合成画像ですです。これは、ケフェウス座との境界付近のカシオペア座にある散光星雲で、太陽の10~20倍の重さの星が出す太陽風でガスが吹き飛されて空洞が作られ、その縁が電離して輝き特徴的な泡状構造を見せてくれます。

大好きな天体で、毎年撮影していますが、今年はせっかく先日SⅡとOⅢフィルターを入手したので、SAO合成をもくろんでみました(笑)まあ、手始めにことりあえずこんな感じですが、SⅡとOⅢがこんなに厳しいとは思いませんでした。感じとしては、今の2倍ぐらいの露出が欲しい気がしました。また、今度NGC281あたりにチャレンジしてみたいです。

FFR250は先日撮影したNGC7129の右上と左下の対角線の星像の崩れの問題ですが、フォーカスいろいろ変えて、検証してみると非点収差ということが分かりました。そこで中心部で合わせていたフォーカスを、斜め左下方向に幾分にずらずらすことでかなり改善することが分かりました。中心部のシャープさも損なわれていない?と判断してしばらくこの作戦で行ってみようと思っています。

FFR250+CORRECTOR LENS f1750mm F7 FLI IMG6303E Astrodon SⅡ:10min×6 Hα:10min×6 OⅢ:10min×6 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

NGC7129 ケフェウス座の散光星雲

Ngc7129_08072700xl1lrgb_tr_web昨日撮ったケフェウス座の散光星雲NGC7129です。やっと月も小さくなってきたし、透明度も結構高くて、天の川も見えていましたので、以前から一度撮ってみたいと思っていたこの天体を迷わず狙ってみました。結構淡いので、光害地ではよほど条件良くないと苦戦は必至です。途中までは結構いい感じの空でしたが、残念ながらL4コマ、RGB各2コマで曇られて、消化不良気味でした。またチャレンジして見たいです。
昨日は、待ち焦がれた田中光科学さんのFFR用専用補正レンズのテストを兼ねていました。
結果は、ASPサイズの6303Eの隅々まで十分ジャープな星像で、変なゴーズトも出ないし、
で一発で気に入りました。よーく見ると、右上と左下方向の星像がでやや伸びているのが気にはなるので、もう少し調整が必要かもしれません。Ffr
幸い、専用補正レンズとMARUMI MC+1どちらも、殆ど同じ位置で合焦してくれるので、
【専用補正レンズ】 長焦点銀河砲としてメイン
【MARUMI MC+1】 明るさが欲しい場合にレデューサー
で行こうと思っています。

FFR250+CORRECTOR LENS f1750mm F7 FLI IMG6303E Astrodon L:10min×4 RGB:10min×2 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

AstroDon SⅡ&OⅢ Fiilter

Cfw_narrow注文してあったAstroDon SⅡとOⅢ 6nm Filter 50mmφが昨日届きました。某販売店の中古で格安で入手できたので、とってもラッキーでした。AstroDonのホームページ見ると、すべて5nmに変わってしまっているので、6nmは入手困難というのもあって、思わずポチットやってしまいました。(笑)
早速取り付けてみましたが、一度取り付けただけの新品同様で、程度は良好です。LRGBSAOで7枚になってしまい、Clearが1枚あぶれてしまいましたが、仕方ないナー。SⅡとHαは波長が近いせいか、見た目殆ど色が変りません。気をつけないと、外した時どちらか分からなくなりそうです。
天気良くなったら、夏の散光星雲ナローで迫ってみようかしら・・・
S2o3_filter

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

メキシコ半島付近 Hα

Ngc7000_080714130xxh2_filteredweb一昨日と、昨日の2夜にかけて撮った、NGC7000 北アメリカ星雲のメキシコ半島付近です。大分、月が大きくなってきたのでHα単独です。二日とも透明度はいまいちでしたが、ほぼ無風でシンチレーションは良好でした。F6.6と暗いのでちょっと厳しいのですが、明るめの対象を選んで、露出時間を延ばせば結構見られる感じになることが分かりました。淡い部分の表現に注意をして処理してみましたが、長焦点のナローも結構面白いですね。

FFR250+MARUMI MC +1+LPS-P2 f1650mm F6.6 IMG6303E Astrodon Hα 6nm 10min×22 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

NGC6888 Hα+RGB合成

Ngc6888_08071108062900xh2rgb4web_3先日アップした三日月星 雲にRGB画像を撮り足してカラー化してみました。RGB撮った一昨日は、透明度最悪で時々ガイド星も見失う状態でしたが、主に星の色情報があればいいやということで、撮影してみましたが、このごろの悪天候にあっては、贅沢は言ってられませんね。もう少し透明度がよければ、三日月辺縁部の青みがかった部分の色もでてくれたとおもうのですが・・・
合成は以前、師匠のUTOさんに教えてもらった、Hα+RGB合成です。HαとR画像を足したものをR画像として、RGB合成です。HαとRはそれぞれコンポジットしたものをステライメージで、明るいほうでコンポジットします。このときレベル調整した値を使うにチェックしておくのをお忘れなく・・・
HαをL画像にしてHαRGB合成よりも、色が出しやすいのがとっても良いです。

FFR250+MARUMI MC +1+LPS-P2 f1650mm F6.6 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:10min×9 RGB:10分×3 Hα+RGB Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »