« 月 | トップページ | M1 かに星雲 »

2008年9月28日 (日)

M76 小あれい星雲

M76_0809230xxl31lrgblrgb_tr_or2web先日、撮ったペルセウス座の惑星状星雲M76です。蝶ネクタイの様なかわいらしい形で好きな天体です。中心星は2重星だそうですが、分離はかなり困難です。AOなどで正確にガイドしないことには厳しいでしょうね。将来的にはグレードアップを図ってシーイングの良い時に一度チャレンジしてみたいものです。

M76_0809230xxl1lrgbtr2web_2

RCL-50補正レンズを入れて大分星像は改善されていますが、まだ調整不十分な様で、温度変化で若干星像が変化してしまいます。やめておけば良いのに(笑)、また光軸調整に手を出してしまっています。なんとか、性能をきちんと出してみたいものです。

FFR250+RCL-50 f1850mm F7.4 FLI IMG6303E Astrodon L:10min×9 RGB:5min×6(2×2) Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.


|

« 月 | トップページ | M1 かに星雲 »

惑星状星雲」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、エリーさん

光軸はかなり出ているように
見えますが
これでも不満なの

話変わって
GENTAさんの画像処理も
見る価値ありますよ
私には難しくて着いていけませんが

投稿: ミュー | 2008年9月29日 (月) 19時16分

 こんばんはエリーさん。
僕もこの小亜鈴は好きです。これ惑星状星雲なのかな?海外のいろんな惑星状を見ると、散光星雲や系外銀河以上に、宇宙の神秘さを感じます。
この類は、もっと長焦点で撮影してみたいですが、透明度、シーイングの悪い日本では、これ位の焦点距離までがベストでしょうね。あと、ガイドにも苦労するのでしょうね。
やはり専用補正レンズは良さそうですね。タカハシも言っていましたが、BRC、FRCは主鏡、副鏡のマッチングが難しく、補正レンズを組入れても、ちょっとの光軸ズレなどで、星像が崩れるそうです。
僕も長焦点は欲しいところですが、たくさんのハードルをクリアしないといけないので考えてしまいます。度胸と根性がでませ~ん。

投稿: 星天龍 | 2008年9月29日 (月) 21時08分

ミューさんありがとうございます。
光軸はかなりいい状態になってきているのですが、まだ完璧では有りません。丁度、ジャスピンと思われる位置に持ってると、非点収差で若干星像が歪んでしまうのです。そのため、しぶしぶ少しデフォーカスして一番星像がいいと思われる部分で撮影しています。これって、結構ストレスです。再調整して、今回は田中さんからほぼ完璧とのコメントもらっているので、撮影が楽しみですが、しばらく天気悪そうですね。

GENTAさんの画像処理もすごそうですよね。機会があったら、勉強会やりたいですね。惑星はまた違いますが、40Dで星野撮りだしたら、必要になると思いますよー。

投稿: エリー | 2008年9月29日 (月) 23時34分

星天龍さんありがとうございます。M76はあんまり満足できるものではなかったのですが、あんまにも天気が悪くて、ネタが無いので(笑)アップしてみました。

RCは単純な球面ではないので、センタリングが少しでも狂うと、すぐに星像が悪化してしまいます。星天龍さんも着々と準備されているようなので、ドーンといっちゃいましょう。例の筒はいろんな意味で良さそうですね。私も欲しくなってしまいます・・・買えませんが(笑)。

投稿: エリー | 2008年9月30日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/42623179

この記事へのトラックバック一覧です: M76 小あれい星雲:

« 月 | トップページ | M1 かに星雲 »