« IC434 馬頭星雲 | トップページ | NGC1579 ペルセウス座の散光星雲 »

2008年10月28日 (火)

M33 さんかく座の銀河

M33_08102700xl2lrgb1web昨日撮った、さんかく座の銀河M33です。フェイスオンの立派な腕を持つ美しい銀河で、とても好きな対象です。
昨日は、久々に透明度良く晴れてくれたので、迷わずを狙ってみました。

淡く広がった腕の表現がとても難しく、いつも処理に難渋します。腕の表現をやりやすくなるのを狙って、L画像はやや長めの15分、RGBも2×2のビニングで10分でいってみました。

FWHMはGフィルターで2.2前後とシーイングもまずまずでした。だいぶ高度も高くなって来ているので、子午線超えるまでLを撮影し、望遠鏡を反転してRGBを撮ってみました。RGBの撮影の途中から腕の端のほうに、ごみが乗ってしまい、やや処理に苦労しましたが、L画像は先に撮ってしまっていたのでラッキーでした。本日確認してみたら、CCDの上にばっちり綿ボコリが乗っかっていたので、ブロアーで吹き飛ばしておきました。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E Astrodon L: 15min×8 RGB:10min×3(2×2) Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« IC434 馬頭星雲 | トップページ | NGC1579 ペルセウス座の散光星雲 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

スゴ~イ M33ですね
いつか私も同レベルで撮って
見たいです。
いまは、手持ちの機材で頑張ります。


投稿: ミュー | 2008年10月29日 (水) 18時45分

ミューさんありがとうございます。
高度の上がったところから、撮っていったのと、1枚の露出を少し伸ばしてみたのが、良かったようで、いい感じに写ってくれました。

ミューさんも、デジカメで直焦点を再開されて、これから楽しみですね。撮れたらまた見せてくださいねー。

投稿: エリー | 2008年10月29日 (水) 20時28分

某所で見せてもらったときは撮影に行くのであまりコメントできなかったので、、、
HⅡ領域の描出が兎に角素晴らしいですね。
M33の散光星雲は周辺にいくと、なぜか?OⅢ成分を強く持っている為に、バルジ周辺部は赤なのに対して、周辺のハロは青紫系になります。
これがしっかりと描出されている冷却CCDカメラ画像は少ないのですが、それもしっかりと描写されています。

HⅡ領域の描写はHαを使ったのかとも思ったのですが、フィルターの特性なのでしょうねえ、、
SBIGのセットもそうなのですが、この辺り、さすがに天文用のフィルターって感じがしますよ。

しっかし、素晴らしいですね。M33。
ST7Eだと腕の一番明るいNGC604を入れると丁度いいくらいだったので、ラージフォーマットでの長焦点は別世界ですね・・。

投稿: uto | 2008年10月30日 (木) 12時11分

UTOさんありがとうございます。
師匠にほめてもらえてうれしいです。
私もHⅡ領域が良く出てくれて、喜んでいました。敢てHα入れなくても、赤感度高いせいか大丈夫でした。
F6.6ですからやはり淡い部分も出そうとすると、15分ぐらい露出すると、いい感じになってくれするので、これから淡い対象は15分でいってみようかしら。

投稿: エリー | 2008年10月31日 (金) 13時10分

エリーさんこんばんは。
この夜は僕も撮影しました。確かに透明度は良かったのですが、途中曇られて撃沈です。
なかなか気持ち良く撮影できません。

M33を拝見して、中心部の輝度、色飽和のないように処理して、淡い部分まで良く写っていて素晴しいです。
普通、M33の淡い部分は難しいですよ。
解像度も高く、コントラスト、色彩も良い感じてすね。

投稿: 星天龍 | 2008年11月 3日 (月) 21時10分

星天龍さんありがとうございます。
星天龍さんも撮影していましたか。こちらは当日はずっと安定していましたが、結構距離あるので、また違いますよね。

星天龍さんも最近軍備拡張すごいですね。ε180+ST10XMEで、M33画角ドンピシャなので是非狙ってみてくださいな。すごいことになりそうで怖いですが・・・(笑)

投稿: エリー | 2008年11月 3日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/42938260

この記事へのトラックバック一覧です: M33 さんかく座の銀河:

« IC434 馬頭星雲 | トップページ | NGC1579 ペルセウス座の散光星雲 »