« M1 かに星雲 | トップページ | IC1848 カシオペア座の散光星雲 »

2008年10月10日 (金)

NGC520 うお座の銀河

Ngc520_0810080xxl1lrgb1tr1web一昨日撮った、うお座の銀河NGC520です。多分、衝突して引き伸ばされたユニークな形をしていますので撮ってみました。形から思うに、アンテナ銀河を後から見たような印象を受けます。多分横から見れば、細く引き伸ばされた腕が、伸びているのではないかしら?4分程度と小さいのですが、f1850mmでトリミングすればなんとか見られるようになるだろうと思ったのですが、やっぱり小さいですね(笑)。
当日は透明度久々に最高で、頑張って撮影してみましたが、シンチレーションはいまいち(FWHM:Gフィルターで2.6程度)で、思ったほどは解像してくれませんでした。Ngc520_0810080xxl1lrgb1tr1web_2

FFR250+RCL-50 f1850mm F7.4 FLI IMG6303E Astrodon L:10min×12 RGB:10min×6(2×2) Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.

|

« M1 かに星雲 | トップページ | IC1848 カシオペア座の散光星雲 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

時折雲が出てきたせいで、ボクの方はL,R,GまではいくのにB画像だけ撮らせてもらえませんでした(つД;)

NGC520、面白い銀河ですよねー。
視直径が4’台になるとこういう面白い銀河が増えてきて面白いです。(さらにいえば、2’台になるともっと面白いのがたっくさんあるんですが・・・撮影は厳しいだろうなぁ・・・)

うーん、この解像だとちょっと苦しいですね。
やはりシンチレーションを考えると、通年を通してなら1200mmクラスが一番いいのかなあ?
CCDママさんが1200mmで冬場でも解像力がいいのを撮られているんですよ。

1200mmならガイド撮影でもいけるかなとも思いますので、自分の1200mm砲もそろそろ稼働準備始めてみます。
でも、強度不足がどうでるか。
明るさでカバーして5分なんとか耐えてくれればと思っているんですけどね。

投稿: uto | 2008年10月10日 (金) 20時22分

UTOさんありがとうございます。

2′代はさすがに撮る気にはなりませんが、結構対象広がって面白いです。1850mmともなるとなかなか生かせんる空はそうはないと思いますが、しばらくこの距離で行ってみようと思っていますが、これからは少し焦点距離落としたほうがいいかもしれませんね。

>1200mm砲もそろそろ稼働準備始めてみます。
おおー、UTOさんも30cmそろそろ始動ですか。そいつは楽しみですね。

投稿: エリー | 2008年10月11日 (土) 00時43分

 こんにちはエリーさん。
またまたマイナー天体ですね。初めて見ました。
長焦点は、かなりシーイングに左右されちゃうみたいで、一般的にAOが良いと言われますが、そんなに良くなるのでしょうか?。
僕はAOの構造や機構がよく分かりません。シーイングをキャンセル出来るほど、ガイド精度が上がるのでしょうか?。
またUTOさんに詳しく教えて頂かないと・・・余談になってすみません。
いずれ必要になってくるものなのでしょうかね?。

投稿: 星天龍 | 2008年10月11日 (土) 15時56分

AOは、多くの方の見解では、日本では長焦点用のスーパーオートガイダーだと言われてました。
特に赤道儀の性能に左右されなくなる点がありがたいです。
で、使いこなしている少数の方の意見としては、ダメな空で使っても効果は無いが、逆にいいシーイングの時、それこそ夏場に使用すると、通常よりさらに1歩上の解像を示すとのことですよ。
いい時にこそ使う価値があります。
普通に撮るよりさらに1歩上と言われたら、気になっちゃいますよね。
確かにシーイングが良いと効果は大きそうなんですよ。
なんだか画像復元にも似てます。
元が良いと効果が大きい。

話かわって、エリーさんから以前紹介していただいた『とくきん』でアルミ板注文しました。
マッチプレーと用です。40cm×30cm
これで、オライオンとガイド鏡を載せられるかな・・と思ってるところ。
この連休中に穴開けくらいまでやっておきたいですが・・・。
望遠レンズのアダプタも来たので、これからちょっと出かけてくるかもです。

投稿: UTO | 2008年10月11日 (土) 21時18分

星天龍さんありがとうございます。

長焦点は、まさにシンチレーションの影響大です。歩留まりを期待すれば、800~1200mm位が無難でしょうね。シーイングいい時期は、天候不良やら光軸の悩みで過ぎてしまったので、これからはどうしようかと思いますが、しばらく、のままいちゃおうと思っています。

AOは良いですよねー。星天龍さんも是非導入されて、高解像度狙われると面白いですね。私も将来的にはAO使える環境に持って行きたいです。ST-Xがどうなのか興味あるところです。

投稿: エリー | 2008年10月12日 (日) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/42743053

この記事へのトラックバック一覧です: NGC520 うお座の銀河:

« M1 かに星雲 | トップページ | IC1848 カシオペア座の散光星雲 »