« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

NGC2359 おおいぬ座の散光星雲

Ngc2359_08122600xl1lrgb_tr2web先日、(12月26日)に撮った、おおいぬ座の散光星雲NGC2359です。中心部の太陽の16倍の重量のウォルフ・ライエ星が噴出すガスが、星間ガスと衝突して出来たドーム状の構造がとてもユニークですね。
Duck Nebulaとかヘルメットとか愛称がありますが、私はヘルメットの方がしっくり来る感じです(笑)
撮影の方は、いつもどおり6等星程度の星で、GフィルターでVカーブを描いて、フォーカス決めて、いざ撮影でしたが、FWHMは2.4程度でそれほど良いとはいえない状況でした。比較的低空なのでいまいちシャープではありませんが、取り敢えず良しとします。中心部の2025×1430Pixelでトリミングしました。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon L:15min×6 RGB:10×3(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

バラ星雲のSAO合成

Ngc2244_08121420_sao12web前回撮影したバラ星雲の北東部のグロビュール付近のHα画像のに、SⅡとOⅢを撮り足してSAO合成やってみました。 通常のLRGBもいいけど、やはりナローバンドのカラー合成は一味違った構造表現が可能で、面白いと思いました。メーテルさんの所に出したあと、もう少しSⅡとOⅢを撮り足したので、SⅡとOⅢを殆どボカシなしでも見られるようになりました。しかしナローのSAO合成は大変ですね。これで4夜の10時間もかかってしまいました(笑)

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon SⅡ6nm:15min×14 Hα6nm:15min×12 OⅢ6nm:15min×15 SAO Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

バラ星雲のグロビュール いっかくじゅう座の散光星雲

Ngc2244_0812140xxh2_web昨日撮った、バラ星雲の北東側のグロビュールの多い部分です。バラ星雲は全体を撮っても良いし、中心部の散開星団2244とこの暗黒物質の多い部分のクローズアップなかなか良い眺めですね。
 昨日は、2日立て続けの忘年会後で、やや疲れていましたが、遅くなってあまりにいい天気だったので、ついつい撮ってしまいました(笑)。
昨日はまだ満月過ぎの大きな月が、40度ぐらい北にあって、チョッと厳しいかとも思いましたが、テストに1コマ撮ってみると、なかなかの写り・・・これならと、15分12コマ頑張ってみました。ε200ではとても無理な月の位置ですが、バッフルの遮光効果はなかなかのものです。SⅡとOⅢ撮り足して、SAO合成も狙ってみたくなりました。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon Hα 6nm:15min×12 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

M81 おおぐま座の銀河

M81_0812050600xl1lrgb1_tr2_web12月5日と6日の2日にかけて撮った、おおぐま座の銀河M81です。この銀河は、初めて回転速度が計測された銀河だそうで、秒速300kmで回転しているそうです。1秒で東京まで行くって、どんなスピードなんでしょう・・・
当日は昼間は雷雨で、大変でしたが、夜になってかなりいい透明度に恵まれました。2日とも結構な風が吹いていましたが、シンチレーションはまあまあで、MaxImのFWHMは2.0前後でした。毎年、撮るのが楽しみな銀河ですが、だんだん焦点距離と撮影時間が長くなってきちゃっています(笑)

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon L:15min×11 RGB:10×5(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

NGC2403 きりん座の銀河

Ngc2403_0812030xx21lrgbtras_web_2 先日(12月3日)に撮った、きりん座の銀河NGC2403です。この銀河はわれわれの天の川銀河の半分程度の重量と比較的小さいのですが、1000万光年と比較的近いために、なかなか立派な姿を見せてくれます。多くのHⅡ領域を持っていて、とても美しいので、毎年のように撮ってしまいます(笑)。
当日は透明度はいまいちでしたが、シンチレーションが良好(FWHM:2.1程度)でしたので、思い切ってLの露出を伸ばしてみました。撮り直したフラットもまあまあ決まったおかげで、今までい一番いい出来となりました。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon L:15min×12 RGB:10×3(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

NGC2264 クリスマスツリー星団&コーン星雲

Ngc2264_0811xx00xl_frf1lrgb4web2 先日、2夜にかけて撮った、いっかくじゅう座のNGC2264 クリスマスツリー星団とコーン星雲です。毎年、撮るのが楽しみな、美しい星雲ですが、淡く広がった部分が多く、光害地ではなかなか苦しい対象でもあります。FFR250では初めてですが、このところあまりシンチレーションが良くないため、解像度はいまいちでした。
今回はどういうわけか、フラットがどうしても合わず困りましたが、幸いゴミがなかったのでフラットなしで処理しました。MaxImDLの8次元のFlatten BackGroundはなかなか優秀で、ぼぼ問題ないレベルまで、FTATにしてくれます。
上の方の明るい5等星のゴーストがひどくてチョットがっかりでした。なるべく目立たなくしたつもりですが、あんまりやりすぎると返って不自然になるので、この程度にしておきました。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon L:15min×8 R:15min×8 GB:15min×3  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »