« NGC2403 きりん座の銀河 | トップページ | バラ星雲のグロビュール いっかくじゅう座の散光星雲 »

2008年12月10日 (水)

M81 おおぐま座の銀河

M81_0812050600xl1lrgb1_tr2_web12月5日と6日の2日にかけて撮った、おおぐま座の銀河M81です。この銀河は、初めて回転速度が計測された銀河だそうで、秒速300kmで回転しているそうです。1秒で東京まで行くって、どんなスピードなんでしょう・・・
当日は昼間は雷雨で、大変でしたが、夜になってかなりいい透明度に恵まれました。2日とも結構な風が吹いていましたが、シンチレーションはまあまあで、MaxImのFWHMは2.0前後でした。毎年、撮るのが楽しみな銀河ですが、だんだん焦点距離と撮影時間が長くなってきちゃっています(笑)

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon L:15min×11 RGB:10×5(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« NGC2403 きりん座の銀河 | トップページ | バラ星雲のグロビュール いっかくじゅう座の散光星雲 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

自然な感じで素敵な M81 ですね。エリーさんの観測所はどんな場所にあるのでしょうか?
とてもクリアーでシーイングが良さそうですね。
Astrodon のフィルターの割には青ハロ、緑ハロが少ないですが何か秘密があるのでしょうか?

投稿: きた | 2008年12月10日 (水) 19時59分

あ、私もそれを知りたいって自宅傍では?

きたさんのはかなり離れていますよね?

投稿: メーテル | 2008年12月10日 (水) 23時24分

きたさんありがとうございます。M81は色があるような、ないような・・・いまいちよくわからないので、迷いながらの処理でした。でも基本的には中心部は黄色調・腕は若干青みがかている感じが正解かと思います。あんまり、どぎついのは好みでないのでこの程度のあっさり目に処理してみました。

観測所は自宅にあって、高度30mぐらい、透明度よければ何とか天の川が見える程度の軽度の光害地(人口6万の田舎町)です。自宅なので、晴れれば殆ど撮影している状況です(笑)

緑ハロは気にしていませんでした(笑)若干少ないですかねー。出るには出ますが、最近若干弱くなっているかも・・・可能性があるとすると、鏡筒が暗い(F6.6から7.5)、とLPS-P2を補正レンズのゴーストよけに入れている。ぐらいです。多分LPS-P2の影響の方が大きい気がします。アリとなしで検証していないので正確ではありませんが・・・

投稿: エリー | 2008年12月11日 (木) 00時34分

メーテルさんこんばんは。

>あ、私もそれを知りたいって自宅傍では?
ピンポーン、県道が傍らを走っていますので、あんまりいい状況ではないです。以前naokiさんに、「えー、こ・ん・な・ところで撮ってたのー」と笑われました(笑)

>きたさんのはかなり離れていますよね?
暗いところの観測所は憧れです。私は離れたところの観測所は、夜必ずいなくなると、物騒だと言うことで女房のOKが取り付けられなかったので断念・・・トホホ
IMG6303Eの耐光害性能頼りで、撮影している次第です。

投稿: エリー | 2008年12月11日 (木) 00時45分

>きたさんのはかなり離れていますよね?
私の観測所は八ヶ岳の南麓で標高1200mにあります。南東に韮崎の光害がありますがこれ以上山の中ですとインターネットが繋がらないし、で。。妥協しました。自宅から130km程離れているので遠隔でやってます。
良かったらブログ見てください。
http://80615261.at.webry.info/
です。

投稿: きた | 2008年12月11日 (木) 09時48分

この焦点距離にもかかわらずFWHM=2.0前後ってのは凄すぎます。 もうピクセルの限界まで着ていることを意味してますね。 このシーイング条件で5.4ミクロンの8300にすれば1ランク上の口径のような写りになること間違いないでしょう。 ちなみに、営業活動じゃなく理論的にそうです。 オフアキでここまでしっかりガイドできるのはきっといろんな工夫があるのかもしれませんね。

投稿: TaNaKa | 2008年12月13日 (土) 18時01分

TaNaKaさんありがとうございます。FFR250素晴らしいです。だんだん調子が出てきたので、撮影がとても楽しいです。
MARUMIは少し明るいのと、何故か中心部がえらくシャープで、FWHM1.8~1.9というのもチラホラ出ています。RCL-50はゴーストの少なさと、周辺像の優秀なので春の明るい銀河には使ってみたいと思っています。

精細ピクセルですかー。ML8300は手が出ないので、取り敢えず試してみるとすれば、BJ-41LをMaxim対応に改造してチャレンジするものいいかなーと考えています。その節は、CFWへの接続アダプターをお願いできればと思いますのでよろしくお願いします。

投稿: エリー | 2008年12月14日 (日) 21時21分

了解です。 1.8ピクセルですか。 写真レンズで撮ってるような数値ですね。 ゴースト解析でも少ない結果が出てましたし実写でもそのようで光学設計者としてはうれしい限りのご報告です。 ありがとうございます。 マルミのはけっこういいですよね。 シミュレーション段階でそれがわかってて、まさかそのようなレンズが安価に出回ってるとは。 偶然も期待してみるもんですね。

投稿: TaNaKa | 2008年12月14日 (日) 22時40分

エリーさんこんばんは。
忘年会はお世話になりました。
一年に一度のことだからこそ、毎年が新鮮に感じられ、楽しく過ごせました。
毎年思うのですが、疲れて眠くなったらダウンしちゃうけど、
それがなかったら、いつまでも話がつきませんね。

秒速300Kmで回転しているとは知りませんでした。
10年後に撮影したら、何度回転しているのかな?
それも楽しみにしています。結果を教えてください。

ヤフーブログもこんな風に大きな画像になって欲しいな~。
演出が良いですね。

投稿: 星天龍 | 2008年12月14日 (日) 23時05分

星天龍さん、ありがとうございます。忘年会楽しかったですねー。あっという間に時間が過ぎて、ビックリでした。またよろしくお願いします。

>10年後に撮影したら、何度回転しているのかな?
それも楽しみにしています。結果を教えてください。

確かに撮ってみると面白いかも、計算してみると光で1時間強の距離かー。アマチュアで計測できるかどうか微妙なところですね。ところで、そのころまだやっているのかしら・・・(笑)

投稿: エリー | 2008年12月15日 (月) 12時59分

エリーさん、星天龍さん、忘年会ではお世話になりました。
時間はホント、あっという間でしたねー。
もっとも、ボクは途中で撃沈してましたケド・・ (^^;

気がついた時に思わずもう寝るの?と思わず聞いたら、もう4時前ですよと言われたのが一番印象に残ってたりします(笑)

投稿: uto | 2008年12月15日 (月) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/43374447

この記事へのトラックバック一覧です: M81 おおぐま座の銀河:

« NGC2403 きりん座の銀河 | トップページ | バラ星雲のグロビュール いっかくじゅう座の散光星雲 »