« IC410 ぎょしゃ座の散光星雲 | トップページ | M106 りょうけん座の銀河 »

2009年1月18日 (日)

M35&NGC2158 ふたご座の散開星団

M35_09011700xrgb2web2昨日撮った、ふたご座の散開星団M35とNGC2158のペアです。M35は集密度はあまり高くありませんが、500個ほどの星からなるなかなか立派な散開星団で青い星を主体に赤い大きな星が良いアクセントになって、とても美しい天体です。右下の赤っぽい小さな星の集団がNGC2158でやや星の疎な球状星団の様にも見えますが、これも散開星団に分類されています。
昨日は透明度はいまいちでしたが、シンチレーションは比較的落ち着いていたのと、ほぼ天頂付近から撮っていったので、この時期にしては比較的シャープに撮れたと思います。星の色と星像が硬くなりすぎないように注意して処理してみましたが、如何でしょうか。
このところ、ナローバンドカラーのチョッと濃厚な色調の天体が多かったので、新鮮な気分で処理できました(笑)。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon RGB:5min×6  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« IC410 ぎょしゃ座の散光星雲 | トップページ | M106 りょうけん座の銀河 »

散開星団」カテゴリの記事

コメント

エリーさんこんばんは。

ちょっとお尋ねしたいのですが
お持ちのIMG6303Eというカメラですがこれってプロラインかマイクロラインかどちらのシリーズでしょうか?

投稿: チャージー | 2009年1月22日 (木) 19時08分

チャージさんこんにちは。
私のIMG6303Eは、FLIのIMGシリーズで、現在は生産していません。雰囲気としてはプロラインの前の機種といった位置付けだと思います。でも、とてもしっかりした作りで、2年間軽いシャッターエラー(自分で修復可能)ぐらいで、ほとんどトラブルありません。
結露も全くなく、とても気にいっています。ダウンロードは遅い(フル画像で30秒)のですが、フォーカス時にビニングや部分切り出しでやれば、それほど問題になりません。CCDだけマイクロラインに乗せ換えも可能なようですが、今のところ予定はありません。

チャージさんもFLIカメラご検討ですか?ダブルチップとAOが要らなければ、とってもいいカメラですよー。

投稿: エリー | 2009年1月23日 (金) 13時20分

エリーさんご教授ありがとうございました。
最近知人にST2Kをお譲りしました。
その代替えをFLIで考えています。
FSQの場合AOはもちろんですがガイド鏡とST237Aがさえあれば別にセルフガイドなんか必要ありません。
PLかMLかまだ分かりませんがどちらかほしいなあと思っています。
TさんのHPでML16803(?)の安売りが出ていましたがどうしようかかなり迷いました。
今度また出てきたらひょっとしたらひょっとして手を出すかもしれません。
もうひとつお伺いしたいのですが、
FLIの場合キセノンガス(?)かメディカルガスを選べるそうですがどう違うのでしょうか?
エリーさんのカメラはどちらでしょうか?

投稿: チャージー | 2009年1月23日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/43781827

この記事へのトラックバック一覧です: M35&NGC2158 ふたご座の散開星団:

« IC410 ぎょしゃ座の散光星雲 | トップページ | M106 りょうけん座の銀河 »