« M42 オリオン大星雲中心部 | トップページ | M35&NGC2158 ふたご座の散開星団 »

2009年1月14日 (水)

IC410 ぎょしゃ座の散光星雲

Ic410_09011112sao_rrgb3web_2 一昨日と昨日の2日かけて撮ったぎょしゃ座の散光星雲IC410です。おたまじゃくし状の構造がお気に入りで、毎年撮っています。(笑)
月夜ですので、またまたナローバンドですが、11月の下旬に撮ったHαにSⅡとOⅢを追加しようとも考えたのですが、Hαのフレーミングがいまいち気に入らなかったので、Hαから撮り直してみました。
11日は強風で透明度もいまいちでしたが、12日は風も弱く透明度も上々でした。ブロードバンドでは結構明るく感じましたが、ナローで撮ると結構なかなか厳しいです。特にSⅡは3時間半以上露出していますが、全然足りない感じで、かなりノイジーでした。やっぱり長焦点ナローは厳しいですね。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon SⅡ6nm:15min×14 Hα6nm:15min×16 OⅢ6nm:15min×14 SAO Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« M42 オリオン大星雲中心部 | トップページ | M35&NGC2158 ふたご座の散開星団 »

散光(輝線)星雲」カテゴリの記事

コメント

エリーさん こんばんは
月があっても撮れるなんて羨ましい限りです。
洞窟に吸い寄せられていくおたまじゃくしがくっきり写っていて驚きました。
私は下の部分を首をかしげたたれ目のミーアマットと勝手に呼んでます。

投稿: GENTA | 2009年1月15日 (木) 21時16分

GENTAさんありがとうございます。
最近のデジカメなら感度も高くなっているので、やや半値幅広めのHαなら、十分楽しめそうですが、いかがでしょうか。SⅡとOⅢはさすがにカラーセンサーでは厳しい気がしますが・・・

ははー、ミーアキャットですか。確かに何か困った顔のように見えるなー、と思っていました。何か愛称あると良いので、「触覚の生えた垂れ目のミーアキャット星雲」は如何でしょうか。長すぎるか ・・・ (笑)

投稿: エリー | 2009年1月16日 (金) 23時58分

エリーさんこんばんは。
月夜にSAO合成はいいですね。
でも、15分X14~16コマは凄まじいです~。
全部で11時間位と言う事で、さすがに良く写っています。
思わずナローの楽しさ、苦しさ・・・難しさの両面を垣間見てしまいます。

「触覚の生えた垂れ目のミーアキャット星雲」は良いですね。
愛称の名付は早い者勝ち、それがメジャーになると良いですね。

最近、またモチベーションが下がっていまして、
エリーさんの作品を拝見していると、やる気が復活してきます。
良い刺激を感じています。

写真展ではお手数かけますが、宜しくお願いします。

投稿: 星天龍 | 2009年1月17日 (土) 23時05分

星天龍さんありがとうございます。
超焦点ナローは確かに楽しいけど苦しいですね。これでも、SⅡは不足気味です。試しに2×2のビニングでも追加で撮ってみたのですが、パッと見は良いのですが、細かな部分はやはり解像力落ちる気がして、いまいちなのでボツとなりました。

愛称の方は冗談ですから・・・、早いもの勝ちなのですか?それなら真剣に考えようかなー(笑)

モチベーション下がっているのですか?星天龍さんの動きを見ていると、とってもハイテンションに見えますよ!ε180、ST-10XMEにCDKうーん、とっても着いていけませんが・・・

投稿: エリー | 2009年1月18日 (日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/43734728

この記事へのトラックバック一覧です: IC410 ぎょしゃ座の散光星雲:

« M42 オリオン大星雲中心部 | トップページ | M35&NGC2158 ふたご座の散開星団 »