« M16 わし星雲 SAO合成 | トップページ | vdB142 ケフェウス座の散光星雲 »

2009年8月 8日 (土)

IC5067 ペリカン星雲

Mean_ic5067_090803_cf2web やっと梅雨も明けたようですが、相変わらすの天気ですねー。先日梅雨明け宣言出た日に撮ったIC5067 ペリカン星雲の項付近のブライトリムです。本当に久々のブログへの画像アップとなりました。7月下旬に突然のパソコンクラッシュに見舞われ、復旧に手間取ったのもありますが・・・
撮影の方は、透明度いまいちでしたが、シンチレションまずまずで、FWHM2.2位でした。
ガイドもまずまずだったのですが、なぜか若干星像が流れたためやや処理に手間取りました。まあ、久々の本格撮影なので、よしとしています。

FFR250+RCL50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×12 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« M16 わし星雲 SAO合成 | トップページ | vdB142 ケフェウス座の散光星雲 »

散光(輝線)星雲」カテゴリの記事

コメント

エリーさん、こんばんは。
本当に久しぶりの更新ですね。
今年の天候では、撮影はなかなか出来なく、ストレスがたまちゃいますよね。
僕なんかネタがないので、私的な事までブログにアップしてしまいました。

画像ですが、ガイドが少し流れてしまっているようですが、
ペリカンの頭付近の微細構造・・・感度と解像度の威力が良く分かります。
僕も早くこのような画像を撮影したいです~。

パソコンクラッシュは命とりですね。
撮影できなかったこの時期だから、不幸中の幸いと考えれば、ラッキーですね。
天気が続く闇夜に、こんな事が起きたらパニックです。

投稿: 星天龍 | 2009年8月10日 (月) 20時24分

星天龍さんありがとうございます。
今年は、また例年に増して、おかしな天候ですよね。今日は、良いかと思っていましたが、ずっと雲の通過があって、結局あきらめました。

ペリカンの星像はいまいちで、困ってしまうのですが、ガイドエラーと非点収差が入り混じって、複雑な様相です。ガイドそのものはあんまり悪くなさそうなので、オフアキ周りのタワミが原因かと疑っています。ガイドカメラをPDFの前に持ってきたおかげで、ガイドカメラのチューブを極端に延長しているのが気になっています。

ダブルチップに非点収差のないDMKの組み合わせはシンプルで、とてもよいシステムですね。今度の新月期期待していますよー!

投稿: エリー | 2009年8月12日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/45864258

この記事へのトラックバック一覧です: IC5067 ペリカン星雲:

« M16 わし星雲 SAO合成 | トップページ | vdB142 ケフェウス座の散光星雲 »