« vdB142 SAO合成 | トップページ | IC405 勾玉星雲頭部 »

2009年9月29日 (火)

NGC7331 ペガサス座の銀河

Ngc7331_090913l1addlrgb1_tr_webこのところ、いまいちはっきりしない天気が続くうちに、新月期が終わってしまいましたね。
これは、先日撮影したペガサス座の銀河NGC7331です。すぐ、南にはステファンノ5ッ子があるのですが、ダブルで撮ると画核的にかなり厳しいので、ステファンノ方は後の楽しみに取っておいて(笑)7331のみでいってみました。
NGC7331は、視直径10.7分と中ぐらいの大きさがあり、腕の構造がなかなか複雑で、美しい姿をしています。もう少し解像してほしかったのですが、なかなかむづかしいですね。

FFR250+RCL50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:15min×7 RGB:10×3(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

|

« vdB142 SAO合成 | トップページ | IC405 勾玉星雲頭部 »

銀河」カテゴリの記事

コメント

エリーさん、こんばんは。
中型銀河といえど、昔の銀塩写真では米粒くらいの大きさです。
長焦点+冷却CCDならではの迫力ですね。

以前に比べ、周辺像が良いみたいですね。
調整に苦労されたのでしょうか?反射は調整してやれば、良い結果になるようですね。
それとも、ある程度トリミングされているのかな?。

ステファンの五つ子も楽しい領域ですね、画像楽しみにしていま~す。

投稿: 星天龍 | 2009年9月30日 (水) 22時13分

星天龍さんありがとうございます。
銀塩の中判では、さすがにかわいいでしょうねー。星天龍さんの、CDK+ST10XMEならば、ちょうどいい画角になりそうですので、是非、狙ってみたくださいなー。

>それとも、ある程度トリミングされているのかな?。

はい、半分ぐらいにトリミングしています。でも、今回はシーイングいまいちで、若干ほけていますので、非点収差わかりにくくなっています。シャープに撮れると逆に聖像がいびつになのがバレます(笑)。

投稿: エリー | 2009年10月 1日 (木) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502643/46344011

この記事へのトラックバック一覧です: NGC7331 ペガサス座の銀河:

« vdB142 SAO合成 | トップページ | IC405 勾玉星雲頭部 »