« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

NGC4038&NGC4039 アンテナ銀河

Ngc4038_100123_lrgb1_tr_web_5 先日(1月23日)撮った、からす座のアンテナ銀河NGC4038&NGC4039です。 衝突過程の相互作用銀河の典型例として有名ですね。衝突によって星形成が活発になった中心核付近 と、触覚状に伸びた星や星間ガス・チリから形成される形がとても美しいので、毎年撮影しています。
最大高度でも36度と結構低空なので、なかなか条件厳しいのですが、当日はこの時期にしては、シンチレションが安定して、透明度もそこそこでした。結構青田刈り状態ですが、黄砂が来てしまうと、なかなかチャンスがないと思い、午後2時から6時ごろまで頑張ってみました。微光星の赤がうるさいのが気になりますが、銀河自体は今までで一番写ってくれました。

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:15min×9 R:10min×4 GB:10min×5(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

NGC3953 おおぐま座の銀河

Ngc3953_100114_lrgb2_tr_web先日(1月14日)撮ったおおぐま座の銀河NGC3953です。北斗七星のγ星(フェクダ)の真南にある棒状渦巻き銀河です。初めて撮りましたが、小さめの銀河なのであんまり期待していなかったのですが、腕の構造が複雑で以外に面白い対象です。

色は例によってなかなかむづかしいですが、ちらほらHⅡ領域が認められます。当日は透明度はそれほどよくありませんでしたが、シンチレーション良好で以外と解像してくれました。

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:15min×14 RGB:10min×3(2×2)  Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

IC443 クラゲ星雲

Sum_ic443_1001082_web_3 先日撮ったIC443クラゲ星雲です。記念すべき?2010年の新年撮り初めは、クラゲとなりました。

FWHM2.8位とシンチレーションあまり良いとはいえませんが、比較的高度が上ってから狙っていったせいか、まあまあシャープなイメージになってくれました。

私のIMG6303Eはここのところ、カラム欠損がえらく目立ってきて、その処理に苦労しています。ナロー撮影の場合輝度が低いので尚更です。その対処にMaximDLのDither Guide(よろめきガイド?)という機能を試してみました。指定したPixel分だけ撮像ごとにずらしてくれる機能です。これによって、欠損カラム(縦筋)が分散してくれるので、Sigma Clipで消去しやすくなりました。使用しだして3年以上経ちますが、まだまだ使いこなすところまで行っていません。MaximDLはなかなか奥の深いソフトですね。Dither_2

FFR250+RCL50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×15 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME

Ic443_07010800xh11_filtered_tr_2  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

NGC2264 クリスマスツリー星団・コーン星雲Hα+RGB合成

Ngc2264_hrgb3web皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年は天体の方は、ずいぶんと天候不順でストレス、世間は政権交代やら不況で大揺れ、仕事の方も何かとゴタゴタ続きで・・・何かと落ち着かない印象でした。何はともあれ、今年は良い年になることを祈りつつ・・・

さて、11月の下旬から12月の頭にかけて撮っていたクリスマスツリー星団・コーン星雲のHα画像にRGBを撮り足してHα+RGB合成をやってみました。 時間をかけた割にはショボイですが、何とか見られるようになったと思いますので、アップしました。輝星のゴーストが気になりますが、ここまでばっちり出られると、如何ともし難いです。

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×26 R:15min×3 GB:10min×5 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »