散光(輝線)星雲

2011年11月18日 (金)

IC434 馬頭星雲

Sum_ic4342_web ほぼ2ヶ月ぶりの撮影でしたが、一昨日撮った馬頭星雲です。月夜ですので、Hαのみですが、個人的にはこのモノクロが一番好きかなー。処理も楽だし・・・(笑)馬頭の上のガスの流れを出そうと、敢えて縦構図にしてみました。

ε200 f800mm F4.0 FLI IMG6303E Astrodon Hα 6nm:10min×12 SKY90+ST402ME Guided.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

IC5067 ペリカン星雲 Hubble Palette

Ic5067110621sao23webとても久々の撮影となりましたが、ペリカン星雲のHubble Palette、いわゆるSAO合成です。この境域はHα単独や、LRGBは撮っていますが、Hubble Paletteはやっていなかったので、一度とってみたいと思っていました。何とか一晩で、カラー化にこぎつけるので、明るい筒はやっぱりいいですね!絵的に面白いので南北反転してあります。

当日は、シンチレションは良好でMaxim DLのFWHMは最高で1.1pixelでしたが、透明度は今ひとつでした。したがって、解像力は良いものの、淡い部分の表現に苦しいものがありました。

早く、梅雨明けて欲しいものですね!

ε200 f800mm F4.0 FLI IMG6303E Astrodon SⅡ6nm:10min×10 Hα 6nm:10min×6 OⅢ 6nm:10min×10 SKY90+ST402ME Guided.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

IC434 馬頭星雲

Ic434_101106_hargb2web 先日2日間かけて撮ったオリオン座の馬頭星雲です。出来はともあれ、この造形は何度撮っても感動を与えてくれます。
昨年はHα単独でしたので、今年は是非カラー化したいと思い、Hα+RGB合成で撮影してみました。FWHM2.8前後とシンチレーションいまいちでしたので、解像力はみるべきものは、ありませんが、色彩豊富な表現になったと思います。

FR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×12 RGB:15min×5 LPS-P2 Offaxis Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

NGC281 カシオペア座の散光星雲

Ngc281_100921_sao_ps2_web本当に久々のアップになりました。少しづつ撮影していましたが、なかなか物にならなくて・・・
今回、月夜だったためナローで撮り我意のあるものということで、NGC281を狙ってみました。
9月17日から21日の3夜かけての延べ7時間のSAO合成です。SⅡとOⅢ撮影時の透明度はいまいちでした。処理はいろいろぐちゃぐちゃやりましたが、なかなか思うようになりませんねー。

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon SⅡ 6nm:15min×10 Hα 6nm 15min×8 OⅢ 6nm:15分×10  SAO LPS-P2 Offax is Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

NGC6888 三日月星雲

Ngc6888_100704_aoo22web 先日、(7月4日)束の間の晴れ間をぬって、撮ったはくちょう座のNGC6888 三日月星雲です。
FFR250のミラー清掃・調整していたこともあって、1ヶ月以上まともに撮れていませんでした。この日は、夜半まで曇っていたのですが、なんとなく雲が切れそうな雰囲気があったので、晴れを待って、11:30位からの撮りだしでした。
コルクがヘタって、不安定になった主鏡が安定し、星像も幾分改善したし、オフアキのガイドもかなりいい感じになってくれました。主鏡・副鏡ともきれいになって、若干明るくなったかしら・・・
今回は、NGC6888はAOO合成、でいってみました。水素基線で輝くシェル状の構造の外側に、酸素基線のガスがまゆの様に包んでいる様子うっすら写ってくれました。Hα単独の画像と比べると結構面白いです。Ngc688800xa1_web

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×6 OⅢ 6nm:15分 ×6  AOO Offaxis Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

M20 三裂星雲

M20_100517_lrgb_tr1_web昨日撮ったM20 三裂星雲です。そろそろ梅雨に突入しそうな時期の貴重な晴れ間というで、いまいち空の抜けが悪いですが、撮影してみました。フォーカス合わせてみるとFWHM2.1前後と意外とシンチレション良好!えーい、低空を狙ってやれ、ということでM20撮影でした。結果はこんな感じでしたが、やはり空の抜けが悪い分いまいち青の乗りが悪いです・・・

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:15min×6  RGB:10min×3(2×2) LPS-P2 Offaxis Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

NGC2264 クリスマスツリー星団・コーン星雲Hα+RGB合成

Ngc2264_hrgb3web皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年は天体の方は、ずいぶんと天候不順でストレス、世間は政権交代やら不況で大揺れ、仕事の方も何かとゴタゴタ続きで・・・何かと落ち着かない印象でした。何はともあれ、今年は良い年になることを祈りつつ・・・

さて、11月の下旬から12月の頭にかけて撮っていたクリスマスツリー星団・コーン星雲のHα画像にRGBを撮り足してHα+RGB合成をやってみました。 時間をかけた割にはショボイですが、何とか見られるようになったと思いますので、アップしました。輝星のゴーストが気になりますが、ここまでばっちり出られると、如何ともし難いです。

FFR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon Hα 6nm:15min×26 R:15min×3 GB:10min×5 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

バラ星雲南東部 NGC2244

Ngc2244_0911060xxh2web_2昨日撮ったいっかくじゅう座のバラ星雲(NGC2244)の南東部です。昨年は北西部のグロビュールを撮っちゃったので、今年はその対角線の花びらの部分を狙ってみました。昨日は、早い時間は曇りで諦めていたのですが、1時ごろおもむろに空を眺めると、しっかり晴れ渡って、結構シーイング良好。翌日仕事なので、迷いましたが、何とか撮ってみました。結局、薄明まで曇ることなく安定した天気で、Hα15分14コマ撮り切っていただきました。引き続きSⅡ・OⅢ撮ってカラー化したいなー。


FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon Hα 6nm:15min×14 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 2ME 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

IC405 勾玉星雲頭部

Ic405_091015_h1_filtered1web_2 先日(10月15日)撮ったぎょしゃ座の散光星雲IC405の頭部のHα画像です。暗い光学系では淡い部分は無理とあきらめて、明るい頭部のみの狙いですが、画角的にはちょうどいい感じになったと思っています。
当日は、透明度シンチレーションともいまいちでしたが、珍しく雲の通過もなく、安定していたので、高度が上ってから、4時過ぎまで粘りました。 RGB画像も取ったのでHα+RGBもやってみていますが、なんかいまいち・・・Hα単独の方が好きです。

FFR250+MARUMI MC+1 f1650mm F6.6 IMG6303E LPS-P2 Astrodon Hα 6nm:15min×6 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

vdB142 SAO合成

Vdb142_090909_sao3_filtered先日、お見せしたvdB142のHα画像に、SⅡとOⅢを撮り足して、SAO合成してみました。当日はシンチレーションはいまいちでしたが、透明度はかなり良かったので、途中で望遠鏡を反転して、明け方まで、頑張ってみました。この領域はOⅢがかなり淡いようで、苦しいのですが、何とか見られるようになったかしら??

ちょうどモニュメントのような造形が、面白いので、北を右側にして、立ててみました。

処理は、いつもっ通りMaximDLでダーク・フラット、カラム欠損補正など・・・、CCDStackでコンポジット、ステラ6でRGB合成、PhotpshopCS3で仕上げという流れです。

FFR250+RCL50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon SⅡ 6nm:15min×10 Hα 6nm:15min×8 OⅢ 6nm:15min×9 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧