機材:光学系

2011年2月 9日 (水)

ε200+ε160用新補正レンズ テスト

M65_66_ngc3628_lrgb1webε200+ε160用新補正レンズのテストにしし座トリオを撮ってみました。
当日は、シンチレーション、あんまり良いと思いませんでしたが、MaximDLのFWHMで最高1.5ぐらい出ていました。フォーカス合わせながら中心部のシャープネスは大丈夫そうだなー、と確認できました。結果はこんな感じで、想像以上にポテンシャル高そうです。
マルチコートで若干透過率アップ、ゴーストの軽減、標準の補正レンズで問題だった、周辺部のコマ収差、色収差とも全て改善してくれています。 いやー、タカハシさんありがとうございます。ε200も見捨てていなかったのですねー(笑)Photo_3Photo_2

ε200 f800mm F4.0 FLI IMG6303E Astrodon L:10min×6 RGB:10min ×3 SKY90+ST402ME Guided.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ε160用新補正レンズをε200で使うアダプター

ε160用新補正レンズをε200で使うためのアダプターを作成していただきました。ε160用に購入してあった、新型補正レンズですが、やはり、重たいIMG6303Eでε160を使うのはなかなか厳しいので、お倉入りしかけていました。知人が既に使用しており、まずまずの星像が期待できそうなので、お願いしてみました。IMGのチップサイズを満たすかどうかは未知数ですが、取りあえずはやってみるしかないですね。
200_3





物はこんな感じのリングで、オリジナルの補正レンズと同じ直径です。この中にε160用新補正レンズがねじ込めるようになっています。

2002_2





左側が、補正レンズですね。

2003





ねじ込むと、こんな感じです。

2004





望遠鏡に取り付けるとこんな感じです。うーん何かいい感じです。
新型補正レンズは、ワイドマウントとの距離が近いため、ワイドマウントに取り付けられるM48のフィルターが使えないのが、つらいですが、今までも使っていなかったので、まあよしとしておきます。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

FFR250 ミラー清掃 調整

250 まる2年間使用してきた田中光科学工業製 FFR250です。最近ミラーの汚れと、ミラーを押さえているコルクのヘタリが気になる様になってしまいました。ミラーの方は汚れていはいますが、まだ実際には洗浄する程は汚れていません。でも、せっかくバラすので、この際きれいに洗ってあげたいものです。今日は、取り敢えずば らしたところで終わりにしました。主鏡のユニットを外すのはかなり大変で、最後にはマイナスドライバーをハンマーで叩いて、やっと外れてくれました。これは嵌めるのも一苦労でしょうね。Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

LPS-P2 M52

Lpsp21願いしてあったLPS-P2のM52が本日届きました。FFR-250用の
コレクターレンズの前側にM52のフィルターネジを切っておいてもらった
ので、活用しないと!ということですが、なかなかいい感じです。
実は後側にM48を切ってもらったのですが、そちらは、マウント60
に干渉してしまってアウトでした。M48が使えれば、すでに所有しているのでLpsp22_2わざわざ購入しな くても良かったのですが・・・
でも、前側の方がCCDからの距離が遠くなってゴーストの面ではきっと有利でしょう。
最近、ビジネスホテル、コンビニ、24時間営業のセルフスタンドなどが軒並み 東側に出来ちゃって、散光星雲の撮影がきわめて困難になってきていLpsp23るので少しでも光害をカット出来ればいいのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

AstroDon SⅡ&OⅢ Fiilter

Cfw_narrow注文してあったAstroDon SⅡとOⅢ 6nm Filter 50mmφが昨日届きました。某販売店の中古で格安で入手できたので、とってもラッキーでした。AstroDonのホームページ見ると、すべて5nmに変わってしまっているので、6nmは入手困難というのもあって、思わずポチットやってしまいました。(笑)
早速取り付けてみましたが、一度取り付けただけの新品同様で、程度は良好です。LRGBSAOで7枚になってしまい、Clearが1枚あぶれてしまいましたが、仕方ないナー。SⅡとHαは波長が近いせいか、見た目殆ど色が変りません。気をつけないと、外した時どちらか分からなくなりそうです。
天気良くなったら、夏の散光星雲ナローで迫ってみようかしら・・・
S2o3_filter

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

FFR250 MC No.1 レデューサー

Ffr250reこの天気ではテスト撮影もままなりませんが、相変わらず
調整とテストに明け暮れていますが・・・なんとか田中光科学製のFFR250本来の性能を引き出したいものです。
今までの、使用で若干コマ収差がありそうなので、その緩和に弱いパワーのメニスカスレンズが効果ありそうだという情報をいただいたので、早速ケンコーのクローズアップレンズMC No.1(焦点距離1000mm)を取り寄せてみました。PDFの後の48mmフィルターネジ切ってもらってあったので、そこにドンピシャ収まりました。これでf=1650mm F6.6のレデューサー兼コレクターになります。なかなか丁度良い焦点距離で、若干明るくなるので、テストが楽しみです。

Ffr250re1

Mc_no1_reducer

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

FFR250 光軸調整

Ffr250このところ、FFR250の光軸調整に頭を悩ましています。まあ、いろいろやっているうちに気づくことも多いので、むだな苦労では無いと思いますが・・・、早く本格稼動といきたいところですが、ここであせっても仕方ないので、いろいろ経験しておくのも良いかと思っています。

使う機材はタカハシのセンタリングスコープです。この調整には結構な光量がいるので、空を向けるか、ライトボックスにむけるかする必要が有りますが、私は写真の様に地面にライトボックスを置いて、鏡筒を下向きにして行なっています。その方が主鏡や副鏡を動かしたときにタワミが出にくく安定する気がしています。
調整結果が下の写真です。
中心に光っているドーナツ状の物がセンタリングスコープの反射板でその外側の少しギザギザした物が副鏡のセンターマークです。
この二つをきちんとアライメントするのが最も重要です。
スパイダーの内側の黒い縁が副鏡バップルの外周です。調整は、副鏡のネジを押し引きしてセンタリングスコープの反射板とセンターマークを合せますが、そうすると外側の副鏡バッフルの縁がずれてくるので、主鏡の調整ネジを押し引きして副鏡バップルを合せます。そうすると、また少しセンターマークがずれるので、副鏡で再度調整・・・
その繰り返して、どちらも問題ない状態になれば終了です。本来は、これで粗調整で最終調整は星を見て、内外像で調整したいところですが、これはどういう訳か、うまくいきません。副鏡の遮蔽が大きいからかしら・・・CCD画像を見ながら微調整と思いましたが、これは全く訳分からなくてつかみ所がないのでやめました。今後も使っていく上では、センタリングスコープで一発で光軸を合せられると良いのですが・・・

Photo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

新機材FFR250(フラットフィールドタイプ リッチークレチアン)到着 

250昨年より田中光化学工業さんにお願いしてあった、望遠鏡が昨日到着しました。本日、プレートに穴あけしてEM400に載せてみました。光学系は25cmRCでF7 f1750mmという仕様です。比較的明るいタイプのRCで中央遮蔽は50%なので実効F値はそれなりに落ちる思います。
重さはそれなりにあって、バンド・カメラ・プレートを含めると30kg近い感じです。
ガイドはオフアキシスガイド、ピントはPDFを使用します。しばらく手なずけるのに時間がかかるかもしれませんが、なかなか風格ある姿はとっても気に入りました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ワイドビノ28

Photo以前雑誌の紹介(星ナビ2007 9月号)で見てから、気になっていたのですが、暖かくなったら星座めぐりもいいなーなんて考えて、「ついに」(笑)購入してみました。こういうのって、どうしても必要なものではないので、優先順位低くなってしまいますが、実際手にしてみると、とってもよい機材です。実視界28度はたいしたもので、オリオン座がすっぽり収まり、2等ぐらい暗い星まで見えます。通常のオペラグラスでは三ツ星位がやっとですので、星座めぐりにはうってつけです。仕上げも良く、マルチコーティングされたレンズの青緑色の輝きも なかなかなものです。
同好会の方から、手放しで使えるこんなグッズも紹介していただきました。実際装着した画像を見せていただいたのですが、あまりにきわどい姿になるので、購入は躊躇しています。(笑)
http://homepage1.nifty.com/BACK_YARD/mart/T003.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)