惑星状星雲

2010年7月23日 (金)

M27 アレイ星雲

M27_100718_lrgbtr2_web2先日(7月18日)に撮った、M27です。毎年撮っていますが、LRGBやナローバンドいろいろなアプローチがあって、面白い対象です。今年は、透明感をテーマ(大袈裟か(笑))にLRGBでアプローチしてみました。
主鏡に圧迫があるせいか、星像がいまいちです。うーん、再調整が必要か・・・またばらすのいやだなー(笑)

FR250 RCL-50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:10min×9  RGB:8min×5(2×2) LPS-P2 Offaxis Guider UNIT4 ST-40

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

M57 リング星雲

M57_090626lrgb_tr_webすっきりしない天気がつづいてストレスたまりますね。M16のSAOの続きを撮りたいのですが、星は見えてもあまりの透明度の悪さに、なかなか、いて座方面は狙えません。一昨日、少しの晴れ間を縫って、何か撮ろうということで、明るくて高度の高い天体ということで、M57 リング星雲です。出来れば花びらも狙いたいのですが、この天気では思うに任せません。

この画像もそうですが最近いまいち星像が悪いのが気になります。補正レンズRCL-50は性能はいいのですが、かなり神経質です。本日、主鏡を再調整してみたのでテストしてみたいのですが、何時になるやら・・・

FFR250+RCL50 f1850mm F7.4 IMG6303E Astrodon L:10min×6 RGB:10min×2 Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

M76 小あれい星雲

M76_0809230xxl31lrgblrgb_tr_or2web先日、撮ったペルセウス座の惑星状星雲M76です。蝶ネクタイの様なかわいらしい形で好きな天体です。中心星は2重星だそうですが、分離はかなり困難です。AOなどで正確にガイドしないことには厳しいでしょうね。将来的にはグレードアップを図ってシーイングの良い時に一度チャレンジしてみたいものです。

M76_0809230xxl1lrgbtr2web_2

RCL-50補正レンズを入れて大分星像は改善されていますが、まだ調整不十分な様で、温度変化で若干星像が変化してしまいます。やめておけば良いのに(笑)、また光軸調整に手を出してしまっています。なんとか、性能をきちんと出してみたいものです。

FFR250+RCL-50 f1850mm F7.4 FLI IMG6303E Astrodon L:10min×9 RGB:5min×6(2×2) Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

M27

M2708053000xl131lrgb2web_25月は晴れても、透明度シンチレーション共いまいちの日ばかりで、殆どまともに撮れませんでした。調整とテストの繰り返しですので、それほど良い空になってもらわなくても良いのですが・・・(笑)

そんな中でも、30日はつかの間でしたが、結構良い透明度の空が見られたので、ケンコーのMC No.1レデューサーのテストにM27を撮影してみました。L画像は予定の半分で曇られたのでやや荒い画像となっていますがご勘弁下さい。
コマ収差は大分減ることが分かりました。でも、細かくみていくと、所々難解な星像でちょっと、悩ましいです。①明るめの星が○にならず、ややおむづび型。②コマの出方が左上、左下、右下はほぼ放射状に見られるのに、右上のみ周方向にのびる傾向。③右下の中心部やや下はコマが目立つのに辺縁に行くに従いコマが減少している・・・等です。スケアリングの再確認、主鏡の押しネジを少し弛める、鏡筒バンドの締めを少し弛める等の対策?をして再度
挑戦してみる予定ですが、梅雨入りしてしまったので、いつになることやら・・・

FFR250+KENKO MC No.1 f1650 F6.6 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×3 RGB:5min×3(2×2) Offaxis Guider UNIT4 ST-402ME Guided.



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

M108&M97

M108970801270xxl1lrgb1tr2web 1月27日(日)に撮った、おおぐま座のM108&M97ペアです。当日は月夜にはもったいないほどの透明度で、気流もまあまあ安定していました。10時過ぎに下弦付近の月が上がってくるのでそれまでに、ある程度ものに出来るだけの画像を得ようと、早めに撮影を開始しました。撮り始めの高度は30度ぐらいで、結構無謀なのですが、やっぱり透明度が重要ですね。FWHMは1.5ぐらいでした。中心部の2010×1530Pixelをトリミングしてみました。M97は惑星状星雲にしては結構淡いので、通常RGB3コマで行くのですが、4コマづつ撮ってみました。M108比較的地味ですが、良くみると結構カラフルでかわいいですね。

M108&M97 ε200 IMG6303E Astrodon LRGB L:10min×12 RGB:10min×4 EM400mount Autoguider:ST-402ME Gui de Scope:SKY90

| | コメント (8) | トラックバック (0)