starlit-kosai.cocolog-wbs.com > 撮影機材

1.タカハシ ε200
2.田中光化学工業 FFR250 (フラットフィールドタイプ リッチークレチアン)
3.EM400赤道儀
4.FLI IMG6303E 冷却CCD
5.SBIG ST-402MEオートガイダー

<< 前 | トップページ | 次 >>

2.田中光化学工業 FFR250 (フラットフィールドタイプ リッチークレチアン)

2.田中光化学工業 FFR250 (フラットフィールドタイプ リッチークレチアン)

平成20年4月に導入した、田中光化学工業製のFFR250(フラットフィールドタイプ リッチークレチアン)です。口径250mm F7 f 1750mmで、口径とF値のバランスはとてもよいと感じますが、鏡筒単独での合焦機構無しの、PDF単独でフォーカスという、かなりマニアックな仕様になっています。本来は補正レンズ無しで使えれば良かったのですが、非点収差と像面弯曲のためか、IMG6303Eでの均一な星像が得るのが困難なようです。しかし、オフアキで周辺単独でフォーカスをあわせれば、ガイド星はしっかり点像になってくれます。現在は、RCL-50という2枚玉の補正レンズを作っていただき、使っています。これにより合成焦点距離は1850mm F7.4となりますが、ゴーストも全くなくとても優秀な補正レンズです。

固定リンク